木更津配備の自衛隊オスプレイ9機 九州、四国で訓練計画 

<オスプレイ 配備の先に>九州、四国で訓練計画 防衛省、相浦、大村など4施設

陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県)に暫定配備されている陸自輸送機オスプレイに関し、防衛省が本年度、長崎県や徳島県など九州・四国方面の自衛隊施設で訓練を計画していることが30日、関係者への取材で分かった。木更津駐屯地(千葉県)に暫定配備されている9機が、計器飛行や離着陸訓練などを実施する。

関係者によると、長崎県の陸自相浦駐屯地、海自大村航空基地▽熊本県の陸自高遊原分屯地▽徳島県の海自徳島航空基地―の4カ所で運用する。相浦駐屯地は水陸機動団の拠点で、防衛省は陸自オスプレイとの一体的運用を目指している。

計器航法や離着陸のほか、人員や物資を搭載して輸送する機動展開なども訓練する。徳島航空基地は、木更津から九州方面への飛行時の中継基地として利用することを想定している。いずれの施設も当面の使用頻度は年数回程度になる見通し。

陸自オスプレイは2020年7月、木更津駐屯地に暫定配備された。21年度には千葉、茨城、群馬などの自衛隊施設で訓練を開始した。防衛省は佐賀空港(佐賀市)への配備を計画しており、木更津への暫定配備期間は「5年以内を目標」としている。(山口貴由)

実弾使用の訓練「富士総合火力演習」 でオスプレイ初参加 離島防衛を想定 陸上自衛隊

配信

陸自の富士総合火力演習にオスプレイ初登場
離島防衛の流れを確認(産経)

陸上自衛隊は28日、国内最大の実弾射撃訓練「富士総合火力演習(総火演)」を静岡県の東富士演習場で行った。離島奪還を想定した場面ではV22オスプレイが初登場。中国が軍事的圧力を強める南西諸島防衛を念頭に侵攻阻止から奪還まで一連の手順を確認した。

演習は岸信夫防衛相らが現地を視察。離島の沿岸部に見立てた演習領域にネットワーク電子戦システム(NEWS)が展開され、敵の位置を把握するとともに通信を妨害。続けて精密誘導弾などで敵艦に見立てた山肌へ射撃が行われた。

一方、V22オスプレイは轟音(ごうおん)をあげて着陸し、水機団員が攻撃ヘリコプターの援護射撃を受けて地上から離島奪還作戦を実施。さらに増援部隊として投入された10式戦車や19式装輪自走155ミリ榴(りゅう)弾砲など主力装備が一斉に砲撃を開始すると、標的や山肌に次々と実弾を命中させていった。

演習には戦車・装甲車36両、火砲53門、実弾約57トン(約10億6千万円相当)を使用。今年度の参加隊員は約3300人で、新型コロナウイルスの感染拡大により今年も一般公開は中止されたが、インターネットによるライブ配信を行った。

富士総合火力演習」。これに、陸上自衛隊の輸送機V-22「オスプレイ」が初めて参加

陸上自衛隊は19日、静岡県の東富士演習場で実施する国内最大の実弾射撃訓練「富士総合火力演習(総火演)」の詳細を発表した。島嶼(とうしょ)部での相手国による着上陸侵攻を想定し、陸自のV22オスプレイにより水陸機動団が奪還作戦を展開する。新型コロナウイルス感染拡大を受け、一般公開は3年連続で中止し、インターネット中継を行う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8653058cc42da4426a6c533f94ec474e5040f00d

今年度は演習部隊約3300人、車両36両、火砲53門を予定。尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海で軍事的挑発行動を続ける中国を意識し、南西諸島周辺での離島防衛を想定する。 陸自木更津駐屯地への暫定配備が進むV22オスプレイが初めて参加し、水機団員を作戦区域へ輸送する「ヘリボン作戦」を展開。最新鋭の重火砲である「19式装輪自走榴(りゅう)弾砲」が実弾射撃を行うほか、車載式のネットワーク電子戦システム(NEWS)による情報収集や偵察ドローンなど最新機器が投入される。

「日本版海兵隊」と揶揄される水陸両用戦の専門部隊、水陸機動団の隊員を運ぶ、今回は、まさに実機が登場。

陸自はどう使う? 日の丸「オスプレイ」総火演に初参加か 予行演習を見てきた!

沖縄を戦場にするな! 15日(日)11時~千葉駅前で5・15沖縄の街宣を行います

「復帰50年」の現実

「復帰50年」の沖縄―南西諸島が、中国に対する最前線基地=戦場にされようとしています。昨年末、自衛隊と米軍が「台湾有事」を想定した新たな日米共同作戦計画の原案を策定していたことが発覚しました。これは、160万人の島民が犠牲になることを前提にしたとんでもない戦争計画であり、そのもとで、新型の中距離ミサイルが大量に配備されようとしています。自衛隊幹部は「住民を避難させる余裕はない」と言い放っています。「復帰」50年の現実は、戦争の論理がすべてに優先する「沖縄戦前夜の様相」です。

「戦争絶対反対!」の声を!

ウクライナ戦争が激化・拡大し、世界戦争・核戦争の危機に直面しています。 自民党は、ウクライナ戦争に乗じて「敵基地攻撃能力」を「反撃能力」と改称し、指揮統制機能=中枢への攻撃までを提言しました。そのために、防衛費を5年間でGDP比2%=11兆円!へ増大することも打ち出しました。
「平和なんて甘っちょろいことを言ってる時代じゃない」「改憲だ、緊急事態条項だ、防衛費2倍だ、核共有だ、敵基地攻撃能力だ、台湾有事に自衛隊を出せ」と好戦論があふれ、戦争への歯車が暴走しはじめています。
プーチンは軍事侵攻をやめろ! 米・NATOはウクライナに武器を送るな!日本は参戦するな! 沖縄を戦争拠点にするな! 戦争絶対反対の声を上げよう!

改憲・戦争阻止大行進・千葉は15日(日)11時~千葉駅前で5・15沖縄の街宣を行います。 ※14日(土)のスタンディングはお休み。

東京新聞
憲法の根幹、骨抜きする恐れ…自民党「敵基地攻撃能力」提言案、財政難でも「防衛費5年で倍増」

中国とにらみ合う第1列島線上 米軍が日の丸オスプレイと描く作戦 

佐賀空港への自衛隊基地とオスプレイの配備に反対する県民集会

<オスプレイ>協定見直し「危うい」 佐賀市で反対住民ら集会

「オスプレイ来るな!」と書かれたプラカードを掲げ配備計画に反対する参加者=佐賀市のスポーツパーク川副体育センター

佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に反対する「地域住民の会」は3日、佐賀市川副町で集会を開いた。住民ら約300人が参加。自衛隊との空港共用を否定した協定を県有明海漁協が条件付きで見直すことを決め、防衛省と漁協、県の3者による実務者協議が進む状況に対し、「協定の見直しは危うく、地元住民への丁寧な説明もない」と批判した。

住民の会の古賀初次会長(73)はあいさつで「佐賀空港が軍事基地になれば一番に攻撃の的になる」と危ぐ。漁協幹部に対し「防衛省が行った地権者アンケートだけで判断するのは非常に危ない」と訴えた。

地元住民も登壇し、漁業者の男性は「排水やプロペラの騒音の問題が心配。公害が発生したらだれが責任を取るのか」と批判。地権者の男性は「計画や協定に関して地域や市民には丁寧な説明がなく、話し合いの中身がわからない」、町内の主婦も「住民にとっても大切な協定。配備されてからでは後戻りできない」と声を上げた。立憲民主党の原口一博衆院議員(佐賀1区)も出席し、計画への反対意見を述べた。

集会後、記者団の取材に応じた古賀会長は、駐屯地候補地の測量調査などに伴う現地への立ち入りに関して「九州防衛局は漁協から了承を得ていると答弁したが、地権者および組合員である私たちは漁協から連絡も説明も受けていない」と指摘。地権者有志の会名で漁協に対して説明を求める申し入れをしたことを明らかにした。(北島郁男)

【佐賀空港へのオスプレイ配備反対県民集会】

 佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備反対の県民集会がスポーツパーク川副で開かれました。

これまでは一部の国会議員だけが紹介されていましたが、今回は、いつも各種の集会に参加しながら地元の議会でオスプレイ反対で論陣を張って頑張っている県議・市議も紹介していただきました。

この問題が川副だけの問題ではない、ということもあってか、集会の進行を鳥栖市議の牧瀬昭子さんが務めてくださいました。

集会に先立って、佐賀のうたごえ合唱団による演奏と沖縄での基地の実態を伝えるドキュメント映画「菜の花の沖縄日記」のダイジェスト版の上映もありました。

開会のあいさつに立った地域住民の会の古賀初次会長は、防衛省と県と有明海漁協による協議や測量の動きがあっているけれど、現場の漁業者や地権者には何の相談もないこと、公害防止協定は県と漁業者が締結したものだから、県が勝手に受け入れ容認をしたのは許せない、ということ、漁協が現場の漁業者にはからずに受け入れ判断の「3要件」を提案したのも筋違いであることを指摘し、「自分は何があっても土地は売らない」と力強く明言されたことには、拍手が湧きました。

なお、これらの点については漁協の組合長に対して、内容証明付きの郵便で4日までの回答を求める申入書を3月28日に送付したとのこと。漁協の回答が注目されます。

この後も、東与賀の漁業者、南川副の地権者の方、主婦の方などから、子や孫に安心して宝の海や空、地域を手渡したいという思いが語られました。

また、佐賀空港建設時に公害防止協定を佐賀県と締結した柳川市からも新谷進次郎議員や9条の会の方が地域での取り組みや決意を語ってくださいました。

集会の最後に「オスプレイくるな」のプラカードを示してのシュプレヒコールをあげて心一つにしました。
6D1ECBAF-CEA9-45E8-AD0C-42B7545EF3D3.jpeg
AF210B19-0FCE-4838-BA97-3F2052567D84.jpeg
6B5DC444-DA62-4E41-AA87-F1D26C008125.jpeg
576EF40E-F016-4079-91F1-315B8522A299.jpeg
82FB912A-7CED-48FE-ACED-AB2CF380C44B.jpeg

石垣空港に緊急着陸した米軍機オスプレイ 油圧系統にも不具合 離陸の見通し立たず

2022年4月4日 07:57

沖縄県の石垣空港に緊急着陸し、整備中の米軍普天間飛行場所属MV22オスプレイに、新たに左翼エンジンの油圧系統に不具合が見つかったことが3日、関係者の話で分かった。5日で3月29日の緊急着陸から1週間となるが、離陸の見通しは立っていない。

オスプレイ緊急着陸 目撃者「地震のような地響き」/沖縄・新石垣空港

米軍オスプレイ「予防的に着陸」 装具トラブルで新石垣空港に緊急着陸 全日空機が離陸遅れ

2022年3月29日 17:09 琉球新報

米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機オスプレイ2機が29日午後0時30分過ぎから同1時10分ごろにかけて、石垣空港に緊急着陸した。オスプレイを優先的に着陸させるため、同時間帯に離陸予定だった那覇空港行きの全日空1768便の離陸が約6分遅れた。

大阪航空局石垣空港出張所によると、普天間飛行場からフィリピンのマニラに向かっていたところ、石垣島の南約160キロで、機体に氷が着くのを防ぐ装置にトラブルが生じたため、緊急で着陸する必要に迫られた。

海兵隊は本紙取材に「航空機の警告表示に対応し、予防的に着陸した。着陸によるけがや損傷はなかった」と答えた。整備と安全点検を終えた後、普天間飛行場に戻る予定だと説明している。

オスプレイ墜落、米兵4人死亡 ノルウェー

米海兵隊オスプレイ墜落 ノルウェーでNATO大規模演習中 4人不明

配信沖縄タイムス

自衛隊オスプレイ 3月4日から米軍と 共同軍事演習 離島防衛 静岡で米海兵隊と

◎木更津駐屯地からも出動

3月4日~26日に東富士演習場と沼津海浜訓練場で水陸両用作戦による着上陸と陸上戦闘などぼ軍事演習が行われる。陸自から上陸作戦などを専門の「水陸機動団」、この部隊の輸送を担う木更津駐屯地のV22オスプレイ、CH-47チヌークの第1ヘリコプター団約400人、米海兵隊約620人が参加する。陸自オスプレイが木更津に暫定配備されてから初の日米共同演習への参加だ。

共同訓練に陸自オスプレイ 離島防衛 静岡で米海兵隊と

2/25 6:00(共同通信)

陸上自衛隊は24日、静岡県の東富士演習場や沼津海浜訓練場で3月4~25日に離島防衛専門部隊「水陸機動団」(長崎県)と沖縄県に駐留している米海兵隊の共同訓練を実施すると発表した。千葉県の木更津駐屯地に暫定配備している輸送機V22オスプレイ1機が日米共同訓練に初参加する。隊員輸送を担う。

水陸両用作戦の連携手順の確認が主な目的で、上陸から地上での戦闘まで一連の作戦を訓練する。東シナ海での中国の台頭を念頭に日米の離島防衛部隊の能力向上を図る狙いとみられる。

陸自によると、参加隊員は陸自約400人、海兵隊約620人。海兵隊はインド太平洋地域での有事即応を任務とする第31海兵遠征部隊(31MEU)を投入。これまで陸自と31MEUは沖縄県内の米軍施設で訓練してきたが、今回はより広い場所を確保できる静岡の演習場で実施することになった。訓練内容には実弾射撃も含まれる。米軍のMV22オスプレイ6機も参加し、機体整備のため神奈川県の厚木基地を使う。

陸自オスプレイは2020年7月から木更津への暫定配備が始まった。昨年末に日本製の装備品が米国製の機体に適合するかどうかの確認試験が終了。所属する第1ヘリコプター団だけでなく、ほかの部隊とも訓練が可能になったという。

防衛省は陸自オスプレイを計17機導入する計画。25年までの佐賀空港への最終配備を目指し、地元との調整を続けている。

◎3月4日、新たに一機のオスプレイが配備

日米軍岩国基地に陸自オスプレイ2機が陸揚げされ、そのうちの1機が3月4日に木更津駐屯地に配備された。これで木更津に配備されたオスプレイは9機になる。さらに8機を日本は購入済だ。戦争反対!オスプレイはいらない!反戦闘争に起ちあがろう。

 

自衛隊オスプレイ 搭載装備品機能試験終了/「私たちは土地を売りません」との声明 佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備計画状況

飛行訓練が本格化

2020年7月10日に最初の1機が飛来して以来、陸自のオスプレイは7機が木更津駐屯地に配備されている。昨年の8月以降、館山基地、百里基地、東富士演習場、群馬の相馬原駐屯地で飛行訓練が行われた。
また12月の北海道東部での日米軍事訓練に対して、酪農が盛んな地元自治体は「オスプレイの低空飛行の音などで牛が暴れるおそれがある」と激しく反発し、重大問題になった。

1月17日の産経新聞に、木更津駐屯地に暫定配備されているオスプレイ機の整備・点検状況が終了した掲載された。
いよいよ他基地を含む本格的訓練を行なう準備が整った事だ。

今年も、オスプレイ闘争に全力で取り組もう。

【陸幕長のコメント】V-22(オスプレイ)の現状 
次に、V-22、オスプレイの現状についてです。
一昨年7月より、機体及び日本独自仕様の搭載装備品等の機能・特性を確認
する試験を行って参りましたが、昨年、所要の試験を終了しました。
引き続き、機体納入の際の「受け入れ点検」を終えた機体を用いて、部隊・
隊員の練度向上を図る教育訓練を着実に進めて参ります。
オスプレイの導入により、各種事態の対応に際し、部隊をより一層迅速に輸
送・展開させることが可能となり、事態対処能力の実効性向上を図ることがで
きると期待しています。

騒音問題が深刻に 東京新聞記事より

「騒音で自宅の窓ガラスが揺れる」「格納庫前での点検はうるさいので、海側でやってほしい」「テレビの音が聞こえない」

<民なくして 2021衆院選ちば>オスプレイ騒音もっと関心を 南房総が訓練場「県全体の問題」

2021年10月29日 07時05分 東京新聞
 陸上自衛隊木更津駐屯地(木更津市)に陸自の垂直離着陸輸送機V22オスプレイが昨年七月十日に暫定配備されてから一年三カ月。これまで大きな事故は報告されていないが、飛行訓練に伴う騒音が付近住民に負担を掛けている状況に、あまり変わりはないようだ。だが、今回の衆院選で、駐屯地のある千葉12区では、オスプレイは候補者間の大きな争点にはならず、市民からは「もっと関心を持ってほしい」との声も聞かれる。(山田雄一郎)
 「騒音で自宅の窓ガラスが揺れる」「格納庫前での点検はうるさいので、海側でやってほしい」「テレビの音が聞こえない」
 衆院選が公示された十九日、木更津市と市議会、防衛省の担当者らを交えた協議会が市役所で開かれた。市の担当者は暫定配備以降、延べ十八件の問い合わせが寄せられたと説明。これとは別に地元区長や漁業協同組合にも「音がうるさい」といった苦情が届いており、騒音問題が課題となっている様子がうかがえる。
 これに対し、防衛省は、騒音が定期整備中の米軍オスプレイが発した可能性もあるとし、「オスプレイの騒音は通常のヘリと同程度と確認済み」と新たな測定を否定。低周波音の健康への影響についても「環境省が(数値の)基準を設定していないので、現時点で評価は難しい」と調査に消極的な姿勢を示した。
 こうした状況下で行われている衆院選。12区では、候補者同士が騒音問題で激しいつばぜり合いを演じる様子はうかがえない。新型コロナウイルス対策や景気対策が全国的な争点になる中、基地問題は盛り上がりを欠くのが実情だ。
 陸自オスプレイは二〇二五年七月までに木更津駐屯地から佐賀空港(佐賀市)に正式配備される予定。「佐賀へ行くのは約束事」「木更津の後をどうするかは防衛省が考えること」。そう語る市民が目につくのも議論が低調になっている要因のように映る。
 現在の七機に加え、来年三月までに残り十機が製造元の米国から日本に輸送される計画だ。さらに防衛省は今年八月、三〇年末にかけ木更津駐屯地で米軍オスプレイの定期整備が五十一機に上る可能性も明らかにした。機体の増加に伴い騒音問題が悪化する恐れのあることは同省も折に触れ認めており、住民生活へのさらなる影響が懸念される。
 市民団体「オスプレイ来るな いらない住民の会」の野中晃事務局長は「基地を抱える地域で平和の問題が争点にならないのは残念。南房総の山間部の大部分が低空訓練場になっていることもあり、県全体に影響する問題と考えてもらいたい」と願う。

佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備計画状況

佐賀新聞より

防衛省と漁協、佐賀県空港協定見直し条件巡り (1/22 8:30)佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、自衛隊との空港共用を否定した協定を条件付きで見直すとした県有明海漁協の判断を巡り、山口祥義知事は21日、防衛省と漁協と県の3者による実務者協議の1回目…
<オスプレイ配備計画>防衛省、測量など入札公告 候補地土地価格目安提示へ
<オスプレイ配備計画>防衛省、測量など入札公告 候補地土地価格目安提示(1/21 8:15)佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、防衛省と九州防衛局は20日、駐屯地候補地の測量や施設配置の検討について受注業者を募る入札を公告した。
<県政展望・オスプレイ>漁協と佐賀県、秋口にも協定見直しか(1/4 10:40
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画は2021年、佐賀県有明海漁協が県との間で結んでいる自衛隊との空港共用を否定した協定を、条件付きで見直すことを決めた

<オスプレイ配備の先に>佐賀空港協定条件付き見直し 1月から実務者協議

防衛省、漁協、県の3者で 2021/12/26

漁協は11月末の幹部会議で、空港建設時に県との間で結んだ協定を見直す条件として、(1)駐屯地からの排水対策の具体的考え方(2)土地価格の目安(3)駐屯地候補地以外の土地取得に関する考え方-の三つを示すよう求めた。加えて、県と防衛省との3者による協議の場の設置を要請した。

関係者によると、土地価格について防衛省は年明けに土地測量と不動産鑑定の入札を公告し、4月ごろから半年程度かけて取得予定の31ヘクタールの土地価格を算定するとみられる。

山口知事は協議のあり方について「防衛省から排水対策などについての考え方が適宜示され、それを(県と漁協が)フィードバックしてチェックする、という流れで進んでいく」との認識を示した。協議の期限に関しては「月2回程度のペースで進むと思うが、期限ありきではいけない。しっかり議論し、条件が整理されれば協定が見直されることになる」と述べるにとどめた。(栗林賢)

<オスプレイ>協定見直しに抗議 地権者有志の会、漁協に声明文

2021/12/2
県有明海漁協の協定見直しの考えに対し、「協定はそんなに軽いものじゃない」と語る古賀初次代表=佐賀市の同漁協本所

県有明海漁協の協定見直しの考えに対し、「協定はそんなに軽いものじゃない」と語る古賀初次代表=佐賀市の同漁協本所

佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、佐賀県有明海漁協が自衛隊との空港共用を否定した協定を条件付きで見直すことを決めたことを受け、佐賀市川副町の配備候補地の地権者でつくる有志の会(約50人)は1日、同漁協に抗議した。「私たちは土地を売りません」との声明文を提出した。

声明文では、用地を売る意思がないことを強調。地権者の意向を無視し、防衛局の恣意(しい)的なアンケートをもとに「漁協のオスプレイ検討委員会が協定の変更などを審議することは許せない」としている。

漁協幹部に声明文を提出した有志の会代表の古賀初次さん(72)は協定は環境や平和を守りたいという先人の願いがこもった大事なもの。それをこんなに簡単に見直すなんて言語道断」と話した。「幹部だけで決定し、何も知らされていない」と漁協の意思決定のあり方も批判した。宮里光)