(報告)JR木更津駅西口でリレートーク 陸上自衛隊木更津駐屯地にむけてデモ行進&駐屯地申し入れ行動

9月10日午後1時より、木更津駅前リレートーク→陸自木更津駐屯地へのデモと申し入れ行動をやりました。地元でオスプレイ配備に反対してきた動労千葉を支援する会・木更津と改憲・戦争阻止!大行進千葉の呼びかけによる行動です。

 

炎天下のきびしい暑さでしたが、約60名が参加し、横断幕を拡げ、ノボリ旗を林立させて集会を開始。
まず、大行進・千葉の金子さんが口火を切り、8月16日から全機飛行停止となった米空軍CV22オスプレイが、何の解決もなく9月2日には飛行が再開されたことを木更津市長は容認していると弾劾しました。

 

「オスプレイと飛行訓練に反対する東日本連絡会」の仲間からは、オスプレイの安全性についての報告がありました。MV22(沖縄米海兵隊オスプレイ)の中には10年近く定期機体整備が行われていないまま全国を飛び回っているものがあるとのこと。恐ろしい限りです。
「オスプレイと飛行訓練に反対する東日本連絡会」

続いて社民党千葉県連合代表の工藤さん、木更津市議の田中紀子さんから発言がありました。さらに、大行進・神奈川や大行進・三多摩からもアピール。神奈川の仲間からは、安倍国葬反対の県内キャラバン取り組んでいること、その過程で権力からの不当な弾圧があったことが報告されました。岸田は国葬反対の高まりに恐怖したのです。三多摩の仲間は、ヨコスカ・横田・木更津・朝霞の首都圏の反基地闘争連携の重要さを訴えました。共に、10.1ヨコスカ、10.2横田行動への参加を呼びかけました。

動画 木更津市議会議員田中さん、社民党千葉県連代表工藤さんのトーク

大行進横須賀の仲間
大行進三多摩の仲間
三里塚現地闘争本部の仲間
動労千葉から

 

 

 

 

 

 

 

 

また、千葉県成田市の三里塚現地闘争本部の仲間からは、新やぐら裁判の不当判決への怒り、10.9全国集会への参加が訴えられました。最後に、動労千葉の佐野書記次長が発言。久留里線廃線を絶対阻止するとの決意と11.6全国労働者集会への結集が呼びかけられました。
集会には、飛び入り参加の人もいました。

アクアビル前まで移動してデモに出発。元気にシュプレヒコールを上げて木更津駐屯地まで市内をデモ行進しました。今回初めて、デモ隊の両脇に機動隊がついてきました。
駐屯地前で、申し入れ行動。社民党、大行進横須賀・神奈川、元自衛官がそれぞれ申し入れ書を読み上げました。申入れ中、これまでは駐屯地の入口の門の脇に自衛隊員が2人だけ立っていたのですが、今回は門の外にも数人立っていました。行動全体を通して警備体制の強化を感じます。
申し入れ
デモ&申し入れの後、近くの吾妻公園に移り小集会。今後の国葬反対・戦争反対行動として、9.23芝公園集会&デモ、9.27国葬反対行動、11.6日比谷全国集会への参加が呼びかけられました。千葉でも9月17日(土)に緊急デモをやることになりました(11時~千葉駅そごう前で街宣、11時30分~デモの予定)。
労働者市民が立ち上がって、戦争への動きをはね返していきましょう。(百万人署名運動・千葉 )

アピール

本日私たちはここ木更津駅前に集まり、木更津市民をはじめ広く全国のみなさんに訴えるため、改めて「オスプレイ反対」の声を高く上げた。

防衛省は、オスプレイは安全な飛行機と強弁しているが、飛行時間が伸びれば伸びるほどクラスAといわれる死亡事故か損害額250万ドル以上の重大事故を引き起こし、事故率が高まっている。最近でも3月にはノルウェーでアメリカ海兵隊オスプレイMV-22が悪天候により墜落、4名の米兵が死亡した。また6月にはアメリカのカリフォルニア州で同じくMV-22が墜落し、5名の米兵が犠牲になっている。オスプレイはどんなに繕っても、構造的な欠陥機であることは否めず、オートロ-テーション機能が働かないという、本来であれば飛んではならない飛行機である。また米空軍オスプレイがクラッチの不具合と言うことで8月16日から全機が飛行停止となったが、9月2日には操縦技術でカバーできるとし、何ら根本的解決のないまま飛行再開を決定した。

加えて木更津基地に置かれた定期整備拠点での機体整備は、当初の1機あたり3~4ケ月で整備が終わると言っていたものが、これまで整備が終わった機体はことごとく20ヶ月前後を要している。いかにガタガタの状態で木更津基地に整備に来ているかの証であり、そのために、普天間基地のオスプレイの機体整備は全く追いつかず「車検切れ」の状態で全国を飛び回っている。事故が起きてからでは遅い。私たちはこのような欠陥機を飛行させることは断じて容認できない。

また一昨年陸上自衛隊オスプレイV-22が木更津基地に配備されて2年が経過するが、基地周辺の住民からは「騒音や振動がひどい」という声が高まっている。さらに本年3月には東富士演習場を中心に行なわれた日米合同軍事演習に参加したほか、6月にはアメリカ軍主導による太平洋水陸両用指揮官シンポジウムが19ヶ国あまりの参加で行なわれ、最終日には木更津基地で開催されるなど、日米軍事一体化の様相をますます強めている。南西海域の防衛を名目にオスプレイをはじめ南西諸島への自衛隊基地新増設など防衛力の強化が図られているが、これは中国やアジア諸国への軍事的威嚇以外の何ものではない。

私たちは強く主張する。「武力で平和は守れない」。木更津にも、横田にも、沖縄にも、そして佐賀にも「日本の空にオスプレイはいらない」。私たちは木更津基地のオスプレイ整備拠点の廃止、陸上自衛隊オスプレイの暫定配備中止を求めて、今後も粘り強く闘っていくことをここに表明する。

2022年9月10日

木更津を戦争の出撃拠点にするな!9.10木更津行動参加者一同

不具合の解決策が見つからないまま住宅地上空で訓練再開! 横田の市民団体が防衛省に要請書

米軍 不具合で全機停止の輸送機CV22オスプレイ 飛行再開を決定

米軍 不具合で全機停止の輸送機CV22オスプレイ 飛行再開を決定 | NHK

アメリカ軍は、不具合を理由にすべての機体の飛行を停止していた輸送機、CV22オスプレイについて、安全管理措置を講じた上で飛行を再開することを決めたと発表しました。

アメリカ軍の輸送機、CV22オスプレイをめぐっては、アメリカ空軍が先月、飛行中にエンジンとローターをつなぐクラッチが不具合を起こす問題が増えているとして、すべての機体の飛行を停止するよう指示していました。

これについて、アメリカ空軍の特殊作戦司令部は2日、声明を発表し、安全管理措置を講じた上で飛行を再開することを決めたと明らかにしました。

CV22オスプレイのすべての乗組員が、不具合とその対処方法について説明を受けるなどしたということです。

一方、声明では「不具合の根本的な原因を特定し解決策を見つけるのは長期的な目標だ」としたうえで、解決策が実行されるまでの間は不具合が発生した場合に対処できるよう、乗組員を最大限、訓練するとしています。

CV22オスプレイは主に特殊部隊の輸送に使われ、東京の横田基地にも配備されていて、アメリカ空軍は、日本に配備している機体も地上に待機させる措置をとっていました。

オスプレイ撤退、米に求めて 「横田」の市民団体が防衛省に要請書

東京新聞2022年9月2日 08時28分
 米空軍が輸送機CV22オスプレイの事故が相次いでいるとして全機を当面飛行停止にしている問題で、米軍横田基地(東京都福生市など)の周辺住民らでつくる「オスプレイ横田配備反対連絡会」が一日、防衛省に、横田基地に配備されているオスプレイ六機の撤退などを米側に求めるよう要請した。
 連絡会メンバー十二人が福生市の横田防衛事務所を訪れ、柴田雅博次長に要請書を手渡した。米軍と自衛隊の他型のオスプレイを、周辺住民が納得できるまで停止状態にさせることなども要請した。
 要請書では、米側から受けた説明内容などについても質問。メンバーは「今まで危険なままオスプレイを訓練していた。経過の説明があってしかるべき」と訴えたが、柴田次長は「皆さま方の声を厳粛に受け止めたい」と述べるにとどめ、具体的な回答は控えた。(松島京太)