(報告)JR木更津駅西口でリレートーク 陸上自衛隊木更津駐屯地にむけてデモ行進&駐屯地申し入れ行動

9月10日午後1時より、木更津駅前リレートーク→陸自木更津駐屯地へのデモと申し入れ行動をやりました。地元でオスプレイ配備に反対してきた動労千葉を支援する会・木更津と改憲・戦争阻止!大行進千葉の呼びかけによる行動です。

 

炎天下のきびしい暑さでしたが、約60名が参加し、横断幕を拡げ、ノボリ旗を林立させて集会を開始。
まず、大行進・千葉の金子さんが口火を切り、8月16日から全機飛行停止となった米空軍CV22オスプレイが、何の解決もなく9月2日には飛行が再開されたことを木更津市長は容認していると弾劾しました。

 

「オスプレイと飛行訓練に反対する東日本連絡会」の仲間からは、オスプレイの安全性についての報告がありました。MV22(沖縄米海兵隊オスプレイ)の中には10年近く定期機体整備が行われていないまま全国を飛び回っているものがあるとのこと。恐ろしい限りです。
「オスプレイと飛行訓練に反対する東日本連絡会」

続いて社民党千葉県連合代表の工藤さん、木更津市議の田中紀子さんから発言がありました。さらに、大行進・神奈川や大行進・三多摩からもアピール。神奈川の仲間からは、安倍国葬反対の県内キャラバン取り組んでいること、その過程で権力からの不当な弾圧があったことが報告されました。岸田は国葬反対の高まりに恐怖したのです。三多摩の仲間は、ヨコスカ・横田・木更津・朝霞の首都圏の反基地闘争連携の重要さを訴えました。共に、10.1ヨコスカ、10.2横田行動への参加を呼びかけました。

動画 木更津市議会議員田中さん、社民党千葉県連代表工藤さんのトーク

大行進横須賀の仲間
大行進三多摩の仲間
三里塚現地闘争本部の仲間
動労千葉から

 

 

 

 

 

 

 

 

また、千葉県成田市の三里塚現地闘争本部の仲間からは、新やぐら裁判の不当判決への怒り、10.9全国集会への参加が訴えられました。最後に、動労千葉の佐野書記次長が発言。久留里線廃線を絶対阻止するとの決意と11.6全国労働者集会への結集が呼びかけられました。
集会には、飛び入り参加の人もいました。

アクアビル前まで移動してデモに出発。元気にシュプレヒコールを上げて木更津駐屯地まで市内をデモ行進しました。今回初めて、デモ隊の両脇に機動隊がついてきました。
駐屯地前で、申し入れ行動。社民党、大行進横須賀・神奈川、元自衛官がそれぞれ申し入れ書を読み上げました。申入れ中、これまでは駐屯地の入口の門の脇に自衛隊員が2人だけ立っていたのですが、今回は門の外にも数人立っていました。行動全体を通して警備体制の強化を感じます。
申し入れ
デモ&申し入れの後、近くの吾妻公園に移り小集会。今後の国葬反対・戦争反対行動として、9.23芝公園集会&デモ、9.27国葬反対行動、11.6日比谷全国集会への参加が呼びかけられました。千葉でも9月17日(土)に緊急デモをやることになりました(11時~千葉駅そごう前で街宣、11時30分~デモの予定)。
労働者市民が立ち上がって、戦争への動きをはね返していきましょう。(百万人署名運動・千葉 )

アピール

本日私たちはここ木更津駅前に集まり、木更津市民をはじめ広く全国のみなさんに訴えるため、改めて「オスプレイ反対」の声を高く上げた。

防衛省は、オスプレイは安全な飛行機と強弁しているが、飛行時間が伸びれば伸びるほどクラスAといわれる死亡事故か損害額250万ドル以上の重大事故を引き起こし、事故率が高まっている。最近でも3月にはノルウェーでアメリカ海兵隊オスプレイMV-22が悪天候により墜落、4名の米兵が死亡した。また6月にはアメリカのカリフォルニア州で同じくMV-22が墜落し、5名の米兵が犠牲になっている。オスプレイはどんなに繕っても、構造的な欠陥機であることは否めず、オートロ-テーション機能が働かないという、本来であれば飛んではならない飛行機である。また米空軍オスプレイがクラッチの不具合と言うことで8月16日から全機が飛行停止となったが、9月2日には操縦技術でカバーできるとし、何ら根本的解決のないまま飛行再開を決定した。

加えて木更津基地に置かれた定期整備拠点での機体整備は、当初の1機あたり3~4ケ月で整備が終わると言っていたものが、これまで整備が終わった機体はことごとく20ヶ月前後を要している。いかにガタガタの状態で木更津基地に整備に来ているかの証であり、そのために、普天間基地のオスプレイの機体整備は全く追いつかず「車検切れ」の状態で全国を飛び回っている。事故が起きてからでは遅い。私たちはこのような欠陥機を飛行させることは断じて容認できない。

また一昨年陸上自衛隊オスプレイV-22が木更津基地に配備されて2年が経過するが、基地周辺の住民からは「騒音や振動がひどい」という声が高まっている。さらに本年3月には東富士演習場を中心に行なわれた日米合同軍事演習に参加したほか、6月にはアメリカ軍主導による太平洋水陸両用指揮官シンポジウムが19ヶ国あまりの参加で行なわれ、最終日には木更津基地で開催されるなど、日米軍事一体化の様相をますます強めている。南西海域の防衛を名目にオスプレイをはじめ南西諸島への自衛隊基地新増設など防衛力の強化が図られているが、これは中国やアジア諸国への軍事的威嚇以外の何ものではない。

私たちは強く主張する。「武力で平和は守れない」。木更津にも、横田にも、沖縄にも、そして佐賀にも「日本の空にオスプレイはいらない」。私たちは木更津基地のオスプレイ整備拠点の廃止、陸上自衛隊オスプレイの暫定配備中止を求めて、今後も粘り強く闘っていくことをここに表明する。

2022年9月10日

木更津を戦争の出撃拠点にするな!9.10木更津行動参加者一同

不具合の解決策が見つからないまま住宅地上空で訓練再開! 横田の市民団体が防衛省に要請書

米軍 不具合で全機停止の輸送機CV22オスプレイ 飛行再開を決定

米軍 不具合で全機停止の輸送機CV22オスプレイ 飛行再開を決定 | NHK

アメリカ軍は、不具合を理由にすべての機体の飛行を停止していた輸送機、CV22オスプレイについて、安全管理措置を講じた上で飛行を再開することを決めたと発表しました。

アメリカ軍の輸送機、CV22オスプレイをめぐっては、アメリカ空軍が先月、飛行中にエンジンとローターをつなぐクラッチが不具合を起こす問題が増えているとして、すべての機体の飛行を停止するよう指示していました。

これについて、アメリカ空軍の特殊作戦司令部は2日、声明を発表し、安全管理措置を講じた上で飛行を再開することを決めたと明らかにしました。

CV22オスプレイのすべての乗組員が、不具合とその対処方法について説明を受けるなどしたということです。

一方、声明では「不具合の根本的な原因を特定し解決策を見つけるのは長期的な目標だ」としたうえで、解決策が実行されるまでの間は不具合が発生した場合に対処できるよう、乗組員を最大限、訓練するとしています。

CV22オスプレイは主に特殊部隊の輸送に使われ、東京の横田基地にも配備されていて、アメリカ空軍は、日本に配備している機体も地上に待機させる措置をとっていました。

オスプレイ撤退、米に求めて 「横田」の市民団体が防衛省に要請書

東京新聞2022年9月2日 08時28分
 米空軍が輸送機CV22オスプレイの事故が相次いでいるとして全機を当面飛行停止にしている問題で、米軍横田基地(東京都福生市など)の周辺住民らでつくる「オスプレイ横田配備反対連絡会」が一日、防衛省に、横田基地に配備されているオスプレイ六機の撤退などを米側に求めるよう要請した。
 連絡会メンバー十二人が福生市の横田防衛事務所を訪れ、柴田雅博次長に要請書を手渡した。米軍と自衛隊の他型のオスプレイを、周辺住民が納得できるまで停止状態にさせることなども要請した。
 要請書では、米側から受けた説明内容などについても質問。メンバーは「今まで危険なままオスプレイを訓練していた。経過の説明があってしかるべき」と訴えたが、柴田次長は「皆さま方の声を厳粛に受け止めたい」と述べるにとどめ、具体的な回答は控えた。(松島京太)

米空軍オスプレイの飛行停止受け陸自も飛行を一時見合わせ 再開時期は未定

オスプレイ反対!!
9月10日木更津行動に集まろう

9月10日㈰13:00から
JR木更津駅西口でリレートーク 陸上自衛隊木更津駐屯地にむけてデモ行進&駐屯地申し入れ行動

陸自オスプレイも「飛行停止」

米空軍特殊作戦部隊がCV-22オスプレイ全52機に飛行禁止命令を出しました(8月16日付)。ここ6週間で2件の事故が起来ていることを受けて出されました。横田基地所属のCV-22は昨年12月、海上自衛隊館山基地に「緊急着陸」したばかりです。
そしてついに、陸上自衛隊V-22オスプレイの飛行も一時停止となりました。再開は未定だそうです。

あいついで墜落 9人死亡

この間オスプレイは、世界各地で墜落事故起こしており、米海兵隊のMV-22オスプレイは、3月にノルウェー、6月に米国カリフォルニア州であいついで墜落し、計9名の海兵隊員が死亡しています。こんな危険極まりない欠陥機オスプレイの木更津駐屯地「暫定配備」は、撤回あるのみです。
陸自オスプレイの木更津駐屯地「暫定配備」も3年目に入りました。木更津を飛び立ったオスプレイは。先日まで九州各地で佐世保の水陸起動団を乗せて、「離島奪還訓練」を行っていました。

地元住民から抗議の声が

オスプレイの飛行訓練に地元住民から抗議の声が上がっています。
「潮干狩りの時、上を飛んでいてうるさいと苦情が来る」「夜間訓練でうるさくて目が覚める。朝早いのに夜の9時50分に起こされた」「飛行ルート変えられないのか」(地元漁業組合)。
・「暫定の期間は5年だけど大丈夫か。佐賀は無理だと思う」「窓がガタガタいう。がまんしているんだ」「民家の上は飛ばないと言っていたが、毎日飛んでいる。うるさいと苦情がいっぱい」(地元区長)。
欠陥飛行機・オスプレイの飛行再開は許せません。木更津駐屯地にオスプレイ配備撤回と抗議の申し入れを行いましょう。

▽オスプレイの配備を直ちにやめよ!
▽木更津を戦争の出撃拠点にするな!
▽アベの国葬絶対反対!
9・10木更津行動  9月10日㈰13:00から
JR木更津駅西口でリレートーク 陸上自衛隊木更津駐屯地にむけてデモ行進&駐屯地申し入れ行動
呼びかけ 動労千葉を支援する会・木更津/改憲・戦争阻止大行進・千葉

 

 

オスプレイの配備を直ちにやめよ! 木更津を戦争の出撃拠点にするな! 9・10木更津行動

 戦争の危機が迫っている

2020年、7月陸上自衛隊木更津駐屯地にV-22オスプレイが「暫定配備」されてから3年目に入り全国各地で訓練を行っています。
7月22日木更津を飛び立った陸自オスプレイは九州各地で水陸起動団を乗せて「離島奪還」の訓練を行い、3月には東富士演習場で米海兵隊との共同訓練を行いました。
8月2日ペロシ米下院議長の台湾訪問で、一気に「台湾有事」が切迫しています。有事になれば戦場は台湾と日本です。オスプレイの離島訓練は中国との戦争を想定した軍事訓練そのものです。

「軍都木更津」の復活を許すな!

6月12日~16日、陸自と米海兵隊は18カ国ス、フランス、台湾をはじめとした18か国の水陸両用部隊の指揮官を集めた国際会議を行い、最終日に木更津駐屯地ではウクライナ戦争で使用されている高機動ロケット砲システム「ハイマース」をはじめとした日米の武器が展示され、さらに陸自オスプレイの給油訓練も行いました。かつての戦争出撃拠点=「軍都木更津」の復活を許してはなりません。

「アベの国葬」絶対反対!

極悪のカルト「旧統一教会」を育成し、改憲と戦争の道を推し進めてきた安倍前首相、私たちは「アベの国葬」を絶対に許せません。

 

琉球弧に配備されている自衛隊

米空軍オスプレイの飛行停止受け陸自オスプレイも飛行を一時見合わせ 再開時期は未定

アメリカ空軍が事故の相次ぐ輸送機オスプレイの飛行を停止したことを受け、防衛省は、陸上自衛隊のオスプレイの飛行も一時的に見合わせることとしました。

アメリカ空軍は今月16日、クラッチの不具合に伴う事故が相次いだため、CV-22オスプレイの飛行を停止しました。

これを受け防衛省は、千葉県の木更津駐屯地に暫定配備されている陸上自衛隊のV-22オスプレイの飛行も一時的に見合わせることとしました。

防衛省によりますと、V-22オスプレイは飛行訓練の計画がなかったため、今月9日からすでに飛行していなかったということです。

今後、機体の点検とアメリカ軍からの情報を踏まえ、安全を確保した上で飛行を再開する予定ですが、具体的な日時は決まっていないということです。

空軍NGなのに海兵隊や自衛隊オスプレイはOK?そんなことある??米空軍オスプレイが飛行停止 不具合続発、事故の恐れ 

CV22オスプレイ飛行停止 米空軍、相次ぐ事故受け 日本配備も対象

米空軍は17日、輸送機CV22オスプレイの事故が相次いでいるとして、全機を当面、飛行停止にしたと明らかにした。空軍の担当者は共同通信の取材に対し、日本に配備するオスプレイも対象になると指摘した。オスプレイ配備に関し、日本で安全性を巡る議論が再燃する可能性もある。

空軍によると、飛行停止は空軍特殊作戦司令部のスライフ中将が16日に指示した。飛行中のクラッチの不具合による事故が2017年以降で計4件、過去6週間で2件発生したという。

担当者は声明で「われわれは危機管理の対策を講じる」と強調した。(共同)

<米空軍CV22オスプレイ飛行停止>佐賀空港配備計画 先行き注視 防衛省の説明会直前 県「最悪のタイミング」

 米空軍が事故多発で全機飛行停止にした輸送機CV22オスプレイ。佐賀空港への自衛隊機配備計画を巡る議論がヤマ場を迎えようとしている佐賀県内でも、米軍機飛行停止の余波が議論の行方にどう影を落とすのか関係者が先行きを注視している。

県内では、県と県有明海漁協の間で結んでいる自衛隊との空港共用を否定した協定の見直しに関する協議が大詰めを迎え、今月下旬にも防衛省が漁協の組合員向けに説明会を開く方向で調整を進めていた。

佐賀県の山口祥義知事は県庁で記者団の取材に応じ「(米空軍仕様の)CVは停止しているが、(海兵隊仕様の)MVは停止していないなど、よく分からない。機材そのものの問題ならば両方止めるはず」と述べた。その上で「状況がよく分からないので、防衛省に連絡して事実関係、情報をしっかり把握するよう(県の担当者に)指示した」。防衛省の説明会開催直前の米軍機の飛行停止に、県関係者は「最悪のタイミングだ」と頭を抱えた。

県有明海漁協の西久保敏組合長は「情報を収集している段階で、対応は今後決めたい。防衛省からは今のところ説明はない」とコメント。防衛省の説明会に関しては「もし開かれるならば安全性に関して質問は出るだろう。そこは前提にしているだけに、しっかり担保してほしい」と述べた。

配備計画に反対する地域住民の会代表の古賀初次さん(73)は「飛行停止は安全性を確保できない現れであり、証拠。配備計画の議論は安全性は大前提だったはず。それが崩れた今、計画自体を考え直すべき」と指摘する。防衛省の説明会について「報道で聞く限り、排水対策などは机上の空論のように感じる。飛行で危険にさらされるのは漁業者だけでなく市民。安全性について防衛省はしっかり答えられるだろうか」と疑問を投げかけた。(大田浩司、栗林賢)

普天間所属の米海兵隊MV22オスプレイが飛行 事故が相次ぐ米空軍CV22の飛行停止中 構造ほぼ同型、玉城沖縄知事「海兵隊も調査を」

垂直離着陸輸送機CV22オスプレイの事故が相次いでいるとして米空軍が全機を飛行停止にしている中、米軍普天間飛行場では18日午後、同基地に所属する米海兵隊のMV22オスプレイが飛行するのが確認された。オスプレイはCV22が空軍仕様、MV22が海兵隊仕様という違いがあるが、構造についてはほぼ同型とされている。

一方、玉城デニー知事は18日、報道陣に「不具合は同機種であればMVにもあると思うので、しっかり調査すべきだ。まず飛行停止してチェックをした方がいい」と述べ、海兵隊のMV22についても飛行停止措置が必要との認識を示した。

普天間飛行場では18日午後3時20分ごろ、駐機している8機のMV22オスプレイのうち、2機のプロペラが回り始めた。午後3時37分ごろに飛び立った。

航空万能論GF

オスプレイ運用を継続する米海兵隊と陸自、飛行停止した米空軍との違いは操縦方法

米空軍はクラッチがスリップする現象のためオスプレイ全機に飛行停止を命じたが、米海兵隊も陸上自衛隊もオスプレイを飛ばし続けており、両者の違いはスリップ現象に対する教育の有無にある。

参考:US Air Force grounds Osprey fleet after dangerous clutch problem
参考:US Marine Corps isn’t grounding Osprey fleet over clutch issue

陸自のパイロットも米海兵隊からオスプレイの操縦方法を学んでいるため「スリップ発生は常識だ」と認識している可能性が高い

米空軍特殊作戦司令部は16日「過去6週間以内にMV-22オスプレイのエンジンとローターを繋ぐクラッチがスリップする現象が2件発生、根本的な原因と解決策を探るためオスプレイに飛行停止を命じた」と発表、同機の安全性を問題視する日本メディアも「米空軍のオスプレイが飛行停止」と大きく報道しているが、米海兵隊も陸上自衛隊もオスプレイを飛ばし続けており、両者の違いはスリップ現象に対する教育の有無にある。

出典:public domain 米空軍所属のCV-22

オスプレイは墜落を防ぐため2基のエンジンとローターを繋ぐクラッチにスリップが発生すると「瞬間的にスリップが発生していないエンジンに動力負荷を集中させる仕組み」を採用しており、スリップから回復したオスプレイは再接続されたエンジンのトルクが伝達されて機体が大きく傾く現象が発生するらしい。

米空軍は「この問題に直面したオスプレイはギヤボックスやエンジンの交換を余儀なくされた=クラスAの事故(250万ドル以上の被害)を引き起こす」と主張しているが、スリップ問題を計10回も経験している米海兵隊は「2010年に問題を把握したがパイロットが対応策を身につけることで管理可能なリスクであり、我々の部隊やスタッフ間においてスリップ発生は常識だと受け止めている。これまで負傷者は1人も発生していない」と述べている。

出典:陸上自衛隊

米海兵隊のパイロットは計器類をチェックして「クラッチがスリップを発生していないか」を確認後、スリップが最も発生しやすいホバリング操作に入るよう訓練されているため「リスクを管理可能=飛行停止を命じるほどの問題ではない」という意味で、陸自のパイロットも米海兵隊からオスプレイの操縦方法を学んでいるため「スリップ発生は常識だ」と認識している可能性が高い。

因みに昨年8月に配備が始まった海軍仕様のCMV-22では「スリップ問題が発生していない」と報告されており、陸自が導入したV-22Bは米海兵隊のMV-22Bと同仕様なのでスリップが発生する可能性がある。

陸自オスプレイの訓練を受け長崎県佐世保市で抗議集会

陸自オスプレイの訓練を受け長崎県佐世保市で抗議集会

2022年07月28日 11:32 

佐世保市の相浦駐屯地などで陸上自衛隊のオスプレイの飛行訓練が初めて行われたことを受けて、佐世保市の労働団体が、27日、抗議集会を開きました。

抗議集会は、佐世保市の中心部で行われ、佐世保地区労の組合員など約30人が参加しました。

佐世保市の陸上自衛隊相浦駐屯地では、27日までの2日間、上陸作戦を専門とする「水陸機動団」と「輸送航空隊」が連携し、飛行訓練が行われました。

大村航空基地でも離着陸の訓練を行っています。

佐世保地区労の山口 好春 副議長は、2022年アメリカで起きたオスプレイの墜落事故に触れ、「日本政府は事故を検証することが必要」と指摘しました。

佐世保地区労 山口 好春 副議長 「安全をきちんと確認できなければ飛行させないという方針を出すのが、私は本当だろうと思う。それが、市民に対する安全上の義務であり、自衛隊の安全確保の点からも非常に重要なこと」

集会では「オスプレイの訓練反対」「オスプレイを飛ばすな」などと全員でシュプレヒコールをあげました。

木更津オスプレイ 周辺住民・漁民の怒り 「低空で自宅上空を飛行することがあり、恐怖感と騒音をより大きく感じる」

オスプレイ 潮干狩り場への騒音避けて
協議会・漁協部会で要望相次ぐ

東京新聞 千葉版 2022年8月9日 07時40分
陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備されている垂直離着陸輸送機V22オスプレイの問題について話し合う「木更津駐屯地に関する協議会」(会長=渡辺芳邦市長)の漁業協同組合部会と区長部会が五日、市中央公民館で開かれた。漁協部会では、潮干狩り場への騒音を避けることを徹底するよう要望が相次いだ。
同部会には、市内二漁協の四人が出席。新木更津市漁協の高浦正行参与が「潮干狩りの日に実際にオスプレイが飛んできた」と指摘すると、陸自第一ヘリコプター団の裏出貴信第三科長(二等陸佐)は「潮干狩りの時間はその上空の飛行を避けるよう徹底している。ただし気象条件や必要がある時に上空を飛んでる可能性がある」と答えた。金田漁協の高橋敏夫代表理事組合長は、来季の配慮を重ねて求めた。
区長部会では、地元八区のうち七人の区長が出席。五年以内の暫定配備期間を「必ず守ってほしい」という要望が出た。また、住宅地に近い場所でエンジンをかけてオスプレイを洗浄する際、騒音レベルが高い状態が続かないよう会議前に求めていたのに対し、陸自第一ヘリ団が用意した「エンジン洗浄場の周りの防音壁設置などについて上級部隊と調整する」との回答が示された。(山本哲正)

防衛省「経路、時間帯に配慮」 木更津、オスプレイ巡り漁協・区長部会

陸上自衛隊木更津駐屯地(木更津市)に暫定配備されている輸送機オスプレイを巡り、市と防衛省、地元住民らで課題を話し合う「木更津駐屯地に関する協議会」の漁業協同組合と区長の部会が5日、中央公民館で開かれた。

各部会では、騒音や飛行経路などの懸念事項について事前に防衛省に照会した結果が示された。

潮干狩り場が開場している際にオスプレイが上空を飛行している」「低空で自宅上空を飛行することがあり、恐怖感と騒音をより大きく感じる」といった問題に対して、防衛省は「飛行経路や時間帯などを配慮してきた。引き続き飛行部隊に徹底していく」「騒音苦情が寄せられた場合、無線で飛行中の航空機に注意喚起する」などと回答した。  漁協代表や区長からは、より具体的な対応策を求める意見が相次いだ。  また、「5年以内を目標」とする暫定配備期間の順守の再確認や、日米オスプレイ整備用に計画されている新格納庫が22日着工すると説明があった。

7・30猛暑の中青年を中心に、ウクライナ反戦千葉駅街宣