「日本人になれない」からの卒業~なぜ復帰50年を祝えないのか~(三上智恵)

5・15 沖縄現地の闘いに連帯し千葉駅前街宣 「沖縄返還50年式典」会場前で「ペテン的復帰式典は許さないぞ」などと抗議

hdr

 

hdr
hdr

米軍基地と日米安保をそのままに、沖縄を再び戦場にしようとする岸田首相の復帰50年記念式典出席を弾劾して、会場であるコンベンションセンター前で抗議行動がおこなわれています!

沖縄を戦場にするな! 15日(日)11時~千葉駅前で5・15沖縄の街宣を行います

「復帰50年」の現実

「復帰50年」の沖縄―南西諸島が、中国に対する最前線基地=戦場にされようとしています。昨年末、自衛隊と米軍が「台湾有事」を想定した新たな日米共同作戦計画の原案を策定していたことが発覚しました。これは、160万人の島民が犠牲になることを前提にしたとんでもない戦争計画であり、そのもとで、新型の中距離ミサイルが大量に配備されようとしています。自衛隊幹部は「住民を避難させる余裕はない」と言い放っています。「復帰」50年の現実は、戦争の論理がすべてに優先する「沖縄戦前夜の様相」です。

「戦争絶対反対!」の声を!

ウクライナ戦争が激化・拡大し、世界戦争・核戦争の危機に直面しています。 自民党は、ウクライナ戦争に乗じて「敵基地攻撃能力」を「反撃能力」と改称し、指揮統制機能=中枢への攻撃までを提言しました。そのために、防衛費を5年間でGDP比2%=11兆円!へ増大することも打ち出しました。
「平和なんて甘っちょろいことを言ってる時代じゃない」「改憲だ、緊急事態条項だ、防衛費2倍だ、核共有だ、敵基地攻撃能力だ、台湾有事に自衛隊を出せ」と好戦論があふれ、戦争への歯車が暴走しはじめています。
プーチンは軍事侵攻をやめろ! 米・NATOはウクライナに武器を送るな!日本は参戦するな! 沖縄を戦争拠点にするな! 戦争絶対反対の声を上げよう!

改憲・戦争阻止大行進・千葉は15日(日)11時~千葉駅前で5・15沖縄の街宣を行います。 ※14日(土)のスタンディングはお休み。

東京新聞
憲法の根幹、骨抜きする恐れ…自民党「敵基地攻撃能力」提言案、財政難でも「防衛費5年で倍増」

日米会談・クアッド(日米豪印)戦争会議を許すな! 5.22全国集会デモ

522第二次ビラウクライナ情勢を良いことに「平和なんて甘っちょろいことを言ってる時代じゃない。戦争だ、戦争だ」「改憲だ、緊急事態条項だ、防衛費2倍だ、核共有だ、敵基地攻撃能力だ、台湾有事に自衛隊を出せ」と、一気に「戦前に戻そうとする」政府の動きが強まっている。殺し殺される戦争について、あまりにも「軽い」好戦論。戦争への歯車が暴走しはじめた。5月24日頃日本で行われる「クアッド首脳会談」(戦争会議)は歴史の転換点になるかも知れない。日本は再び戦争のうずに深々とまきこまれ、「戦後」は終わってしまう。戦争反対の声をあげなければならない。

世界戦争・核戦争を絶対に止めよう!

 ウクライナ戦争が激化・拡大し、世界戦争・核戦争の危機に直面している。アメリカ・NATOは「目標はロシア弱体化だ」とまで言って、ウクライナ軍へ膨大な軍事支援、武器供与を通し戦争をますます激化させている。
こうした中で、バイデン大統領が5月22日に来日し、23日に日米首脳会談、24日にクアッド(日、米、 オーストラリア、インド)首脳会合が開催される。これは、日米の軍事一体化と軍備増強を進め、ウクライナ戦争を拡大する戦争会議だ。それと同時に、「台湾有事」の明記と日米安保・軍事力の強化で合意した昨年4月の日米共同声明を超える対中国の戦争同盟会議として開催されようとしている。絶対に許せない。日米による対中国戦争、世界戦争・核戦争を絶対にとめよう!

戦争と改憲を阻止する歴史的正念場

自民党は、ウクライナ戦争に乗じて「敵基地攻撃能力」を「反撃能力」と改称し、指揮統制機能=中枢への攻撃までを提言した。防衛費を5年間でGDP比2%=11兆円(!)へ増大することも打ち出した。すべては対中国の戦争への突入のためだ。
沖縄ー南西諸島が、中国に対する最前線基地=戦場にされようとしている。昨年末、自衛隊と米軍が「台湾有事」を想定した新たな日米共同作戦計画の原案を策定していることが発覚した。これは、160万人の島民が犠牲になることを前提にしたとんでもない戦争計画だ。さらに、新型の中距離ミサイルが大量に配備されようとしている。自衛隊制服組幹部は「住民を避難させる余裕はない」と言い放っている。
改憲の手続きを定めた国民投票法改正案の審議入りもした。戦争と改憲を阻止する歴史的正念場だ。ウクライナに武器を送るな!参戦するな!戦争会議に大反戦デモを!

Quad(クアッド) 日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国で安全保障や経済を協議する枠組み。首脳や外相の会合がある。英語で「4つの」を意味する「Quad(クアッド)」との通称が定着した。

4.29「沖縄デー」学習集会  沖縄圧殺―戦争準備をゆるすな

NATOもロシアもウクライナから手を引け!

ウクライナで戦争の火が噴きだしています。コロナ禍で、軍事費を急増させ、武力による世界へと転換させようとしています。日本でも台湾有事=中国侵略戦争にむけての動きが激しくなり、「憲法を変えろ」「核武装が必要」という攻撃が加速しています。

今回は、いま想定されている米日の軍事作戦、激化する軍事演習に焦点をあてた学習集会をおこないます。ぜひお集まりください。

ウクライナ戦争は、アジアと連動しています。安倍元首相や維新は、この戦争に乗じて核の共有化や改憲を主張しています。日本列島、南西諸島には中距離ミサイル配備が狙われています。2月には、オスプレイも動員した過去最大の日米合同演習がおこなわれています。東アジアの戦争も切迫しています。
戦争によって誰が得をするというのでしょうか。戦争によって軍需産業莫大な利益を手にします。戦争で真っ先に死ぬのは、沖縄戦のように兵士(=軍服を着た労働者)であり、子どもやお年寄りや女性です。かつての戦争の悲劇を繰り返してはなりません。
「復帰」50 年をむかる沖縄の人びとと連帯し戦争を止めよう!

4・23集会デモ/千葉駅・戦争反対スタンディング

 

hdr

4.29「沖縄デー」学習集会  沖縄圧殺―戦争準備をゆるすな

ウクライナで戦争の火が噴きだしています。コロナ禍で、軍事費を急増させ、武力による世界へと転換させようとしています。日本でも台湾有事=中国侵略戦争にむけての動きが激しくなり、「憲法を変えろ」「核武装が必要」という攻撃が加速しています。

今回は、いま想定されている米日の軍事作戦、激化する軍事演習に焦点をあてた学習集会をおこないます。ぜひお集まりください。

NATOもロシアもウクライナから手を引け!

ウクライナ戦争は、アジアと連動しています。安倍元首相や維新は、この戦争に乗じて核の共有化や改憲を主張しています。日本列島、南西諸島には中距離ミサイル配備が狙われています。2月には、オスプレイも動員した過去最大の日米合同演習がおこなわれています。東アジアの戦争も切迫しています。
戦争によって誰が得をするというのでしょうか。戦争によって軍需産業莫大な利益を手にします。戦争で真っ先に死ぬのは、沖縄戦のように兵士(=軍服を着た労働者)であり、子どもやお年寄りや女性です。かつての戦争の悲劇を繰り返してはなりません。
「復帰」50 年をむかる沖縄の人びとと連帯し戦争を止めよう!

4・1木更津駐屯地フィールドワークの開催勝ち取る

4月1日に千葉県木更津市で行われた、動労千葉を支援する会・木更津等の呼びかけによる木更津駐屯地フィールドワークは、盛況となっての開催となりました。

この間の取り組みは、オスプレイ暫定配備問題を抱える木更津エリアにおける問題提起の他、オスプレイ実機の確認、さらには同機の問題を闘っている各地の連携を深める場ともなりました。

バスに乗った参加者は、地元の案内のかたから木更津駐屯地の成り立ち、とりわけ敗戦直後の米軍使用からの激しい反対運動の話に耳を傾けつつ木更津駐屯地に並んだ各機種を観察しました。

その後駐屯地に隣接する施設に移動し、参加者の自己紹介、各地の闘争報告に加え、地元議員の飛行ルートの解説もあり、大盛り上がりとなりました。横須賀・横田の仲間との交流は重要だと思いました。

木更津市では今、オスプレイ配備に伴う自治体への資金注入が進んでいます。これはかつての成田空港建設において、芝山町等にカネや雇用を注入した上での「基地との共存論」の強引な誘導が行われた、あの姿を思い出しました。

オスプレイ暫定配備期限までに、「オスプレイ断固追放!木更津を戦争拠点にさせない!」の気持ちで、活動を行って行こうと思います。

動労千葉を支援する会・木更津 Y

参院選ルポ>オスプレイ配備 秘密主義 木更津市民「判断材料を」:東京新聞 TOKYO Web

4・1木更津基地フイールドワークに参加して
基地の広さと「実戦」さながらの体制を実感

4月1日、「動労千葉を支援する会・木更津」の主催で木更津駐屯地のフイールドワークがおこなわれ、15名が参加した。

木更津駐屯地全体を見渡せる「中の島大橋」へ移動して、もと高校教員のHさんから木更津駐屯地のできた背景について説明を受けた。「1937年に木更津駐屯地が作られたが、大正時代の台風で軽滅した木更津港のヘドロで浚渫して作られた。 日米開戦に備えて山本五十六が先導して東洋一の飛行場にしたという。南京大虐殺の後方支援基地でもあった。1945年には木更津へ4度の爆撃を受けて民家250軒が被災したことが記録に残っている」などの説明を受けた。
参加者からは「近くに行くと騒音がものすごい」「生活しているとわからなかったけど、いつでも戦争できる状態になっていることがこわい」などの感想が上がった。
基地を一周した後で屋内での交流会を開催。かけつけた田中紀子市議は地図とブロックで作ったボードを用いて、飛行ルートと高度について説明してくれた。自分で資料を作って危険性をアピールしているものですごくわかりやすかった。

ちば合同労組 W

中国とにらみ合う第1列島線上 米軍が日の丸オスプレイと描く作戦