木更津陸自オスプレイ 来月 館山航空基地、東富士演習場へ実践訓練へ

陸自木更津駐屯地のオスプレイ 来月から静岡県などでも訓練へ

千葉県木更津市の陸上自衛隊の駐屯地に暫定的に配備されている輸送機オスプレイについて、防衛省は来月以降、静岡県など木更津駐屯地以外の自衛隊の施設にも、訓練のために飛行する予定であることを明らかにしました。

陸上自衛隊の輸送機オスプレイ17機について防衛省は、佐賀空港への配備を計画していますが、地元との協議がまとまっていないことから、木更津駐屯地への暫定的な配備が進められていて、このうち7機がことし5月までに配備されています。
配備された機体の一部は、これまで木更津駐屯地周辺や東京湾上空などで機体の点検や訓練のために飛行していました。
防衛省は来月以降の運用について、千葉県館山市の「館山航空基地」と静岡県御殿場市の「東富士演習場」にも飛行し、離着陸などの訓練を行う予定であることを明らかにしました。
配備されたオスプレイが木更津駐屯地以外の施設で訓練を行うのは初めてです。
今後オスプレイの飛行範囲が拡大することになりますが、防衛省は安全に配慮するため、市街地や住宅地、病院などは避け、幹線道路や鉄道、河川海岸線などの上空を飛行するとしていて、13日、この方針を関係自治体に伝えました。
千葉県の熊谷知事は「飛行空域の安全対策の徹底や、環境への配慮などを行ってもらいたい」とコメントしています。

陸自オスプレイ訓練へ 東富士演習場、当面月数回程度

2021.7.14 静岡新聞

 防衛省は13日、陸上自衛隊の輸送機V22オスプレイの訓練を東富士演習場(御殿場市、裾野市、小山町)で実施すると明らかにした。当面は月数回程度の見込みで、離着陸や複数の機体が同時に着陸する「編隊着陸」などを行う。
御殿場市で開かれた同演習場使用協定運用委員会拡大会議で、防衛省南関東防衛局の山口剛企画部長が説明した。暫定的な運用となっている同演習場での米軍オスプレイの訓練について、他の航空機と同等の運用にすることも求めた。地元側は一括回答し、事故防止に万全を期し地域住民の安全を確保する-など6項目を条件に付した上で認めた。
陸自東部方面総監部の海野晋吾・部外連絡協力班長はV22の訓練開始時期について「8月以降を予定している。今後具体的な訓練計画を検討する」と述べた。機体の基本性能は米海兵隊仕様のMV22と同じで、米政府による安全確認に加え、日本政府としても独自に安全性を確認したと説明した。
V22は離島防衛の要になる「水陸機動団」の輸送などに使う。17機を導入し佐賀空港(佐賀市)に配備する計画で地元関係者との協議を続けている。これまでに導入した7機は木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配置した。

静岡の陸自演習場でも実践訓練へ 木更津暫定配備のオスプレイ

佐賀新聞LiVE (saga-s.co.jp)

陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県)に暫定配備されている陸自輸送機オスプレイに関し、防衛省が8月以降、陸自東富士演習場(静岡県)での訓練を検討していることが14日、関係者への取材で分かった。離着陸や射撃などの訓練を実施する。千葉県外の自衛隊施設で訓練をするのは初めてとなる。

東富士演習場では、飛行場以外の場所で離着陸する「制限地操作」や、複数の機体が同時に着陸を行う「編隊着陸」、搭載機関銃による射撃などの訓練をする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です