陸自オスプレイ、夜間飛行を開始 21日以降に 木更津駐屯地

木更津市のホームページには、何時ごろを想定してるのか、どこを飛行するのか、周辺には住宅地もあるのに説明もなし

「地元のご理解を得て」「丁寧に情報提供を行い」と、木更津への配備が決まるまで、防衛省は何度も繰り返した。なんの説明もなく、いきなり「夜間飛行」を実施と通告

東京新聞 2021年4月20日 20時16分
陸上自衛隊木更津駐屯地に初めて暫定配備されたオスプレイ

陸上自衛隊木更津駐屯地に初めて暫定配備されたオスプレイ

 千葉県木更津市は20日、陸上自衛隊木更津駐屯地に暫定配備された垂直離着陸輸送機V22オスプレイが21日以降、夜間飛行を開始すると発表した。日没後、深夜に及ばない時間帯に、駐屯地や東京湾南部の上空を飛ぶとみられる。防衛省北関東防衛局から市に情報提供があった。
 同省はこれまで地元住民らへの説明で、早朝・夜間の飛行訓練は、操縦士の能力を養成した上で「安全や騒音に十分配慮する」としていた。
 木更津駐屯地には現在、陸自オスプレイ6機が暫定配備されている。同省は2021年度末までに計17機の暫定配備を予定している。(山田雄一郎)
木更津市HP https://www.city.kisarazu.lg.jp/shisei/1003952/1004568/1007864.html
令和3年4月21日 ー
陸上自衛隊V-22オスプレイの夜間飛行について、本市より防衛省北関東防衛局に対し、より詳細な情報を確認しましたのでお知らせします。
○以下、確認事項
陸上自衛隊V-22オスプレイの夜間飛行は、4月21日(水曜)以降、開始されますが、まずは、夜間において、機体や搭載装備品の様々な機能・特
性を確認するための機能確認試験の一環として、東京湾南部上空等を飛行する予定であり、今後、夜間の飛行訓練も行う予定であるとのこと。
また、夜間飛行は、日没後に実施する予定であり、一般的に、災害派遣等の各種任務を除き、通常の飛行訓練としては、深夜や明け方の夜間飛行は想定
していないとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。