オスプレイいらない! 4月10日行動in木更津へ 参加のお願い 

★駅前リレートーク→木更津駐屯地へのデモと駐屯地申し入れ行動

陸自オスプレイの3機目が2月24日に陸上自衛隊木更津駐屯地に飛来しました。3月上旬の予定が前倒しされました。残りも順次「暫定配備」される予定です。

昨年7月10日、木更津津駐屯地に2機が飛来し、「暫定5年」がスタートしました。しかしその内の1機が11月10日、ホバリング中に警告灯が点灯し「試験飛行」は中止されました。現在「点検・整備」中です。原因は「潤滑油の汚濁」と言います。陸自オスプレイは21年度中に17機配備されようとしています。「汚濁」の原因が明らかにされないまま「暫定配備」が強行されることは許されません。

木更津駐屯地では、沖縄の米海兵隊オスプレイが常時2機、定期整備されています。さる1月25日3機目が、定期整備を終えて普天間基地に帰投しました。1年10カ月を要しました(1機目は2年2カ月)。米軍は常時7機を整備できるようにしようとしています。そのために新たに2機の格納庫を86億円かけて新設しようとしています。米海軍オスプレイCMV-22と米空軍横田基地には空軍オスプレイⅭⅤ-22の整備ももくろまれています。陸自オスプレイ17機を考えると木更津市の上空は、危険極まりないオスプレイがひっきりなしに飛び交うことになります。これは「いつか来た道」、木更津市が「軍都復活」の街になるということを示しています。

コロナ禍にあって米中対立は急速に激しさを増しています。南西諸島をめぐって陸自オスプレイの位置はますます高まっています。
私たちは、「オスプレイいらない」を合言葉に毎月10日、木更津駅や千葉駅等で街頭宣伝を行ってきました。4月10日、規模を拡大して木更津駐屯地に対する抗議行動を計画しました。地元自治会・漁協のみなさんにもオスプレイ「暫定配備」に反対している人は少なくありません。風雲急を告げる木更津行動への参加をお願いします。

〇4月10日(土)13時 JR木更津駅西口集合
〇駅前リレートーク  14時30分 デモ出発
―木更津駐屯地申し入れ行動後吾妻公園にて解散

呼びかけ  動労千葉を支援する会・木更津 都築  090-5401-9503
改憲・戦争阻止!大行進千葉 DC会館 043‐202-7820

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です