オスプレイ暫定配備反対12・1県民集会に参加しよう

関連記事

11・6 <オスプレイ配備計画>木更津市議会が県内視察 佐賀新聞
「暫定配備期間に不安」候補地

「オスプレイ 木更津」のストーリーの画像(佐賀新聞)陸上自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画が実現するまでの暫定的な配備を巡り、候補地の陸自木更津駐屯地(千葉県)がある木更津市議会が6日、佐賀県を視察した。

11.1 オスプレイ暫定配備 防衛省、期間明示せず 木更津 /千葉 毎日
県と市は10月31日、質問書に対する防衛省の回答を明らかにした。暫定配備期間については「現時点で確たることを申し上げることは困難」と期間の明示はしなかった。市と市議会には「期間を決めずに受け入れるのは困難」との意見があり、今後、難航が予想される。
木更津市は30日、陸上自衛隊木更津駐屯地への垂直離着陸輸送機「オスプレイ」の暫定配備計画に関し、配備期間や安全性などの説明を求めた質問書を防衛省に送付した。これまでの住民説明会で出た疑問をまとめたもので、県も同日付で、同様の質問書を提出した。市は同省の回答を待って、県と受け入れの可否を最終判断する方針。
写真

8.3 オスプレイ「安全性、説明不十分」 木更津で公開説明会 東京新聞

陸上自衛隊が南西諸島防衛強化のため導入する輸送機V22オスプレイの陸自木更津駐屯地(千葉県木更津市)への暫定配備を巡り、同市は三日、防衛省の担当者らを招いて初めて公開の住民説明会を開いた。住民からは機体の安全性や騒音の増加を懸念する声が上がり、防衛省側は「米国から過去の事故例の説明を受け、安全性を確認した」などと強調した。

 説明会は市民会館で開かれ約二百六十人が参加。防衛省側が暫定配備の経緯などを説明した後、住民からの質問に回答した。騒音については「配備後に騒音を感じれば、調査して具体的な施策が必要か判断したい」と説明し、暫定期間に関しては「(最終的な配備先となる)佐賀での交渉がある」として明言を避けた。

 参加した農業伊藤進さん(71)は終了後「安全性についての説明が不十分だ。都合のいい情報だけを伝えているように感じた」と話した。

 同駐屯地は米軍オスプレイの定期整備拠点になっている。

 同市は六月、駐屯地周辺の住民に限定した説明会を計八回開催したが、地元区長の意向として非公開にしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です