オスプレイいらない!4・10木更津行動  駅前集会とデモ、駐屯地申し入れ

4月10日、木更津現地で「オスプレイいらない!4月10日木更津行動」が行われた。
木更津市民や木更津市議の方たちの他、千葉、船橋、習志野、柏、東京、神奈川など、千葉県内外から市民、市民運動の団体、労働組合など130名が参加。

木更津駅前リレートーク

市民ネットの吉澤さんから
➀そもそも木更津が第1案、佐賀は第2案だった。➁戦争の主力となるF35戦闘機のエンジンを運ぶのがオスプレイ。自衛隊の空母を「強襲揚陸艦」(敵地に真っ先に乗り込む突撃部隊)の形に改修し、F35戦闘機とオスプレイを空母に搭載し、完全に日米合同で戦争をやることになる
という重大な「事実」が暴露されました。

     

駅前の集会には、たまたま通りかかった木更津市民が飛び入り参加も。

★陸自駐屯地へデモ出発


木更津陸上自衛隊駐屯地へ申し入れ

◎陸自オスプレイ暫定配備、米軍オスプレイの定期機体整備の動向について

・2017 年1 月31 日、海兵隊オスプレイMV-22 1機目が飛来、定期機体整備が開始。
・2018 年6 月25 日、海兵隊オスプレイMV-22 2 機目が飛来、定期機体整備が開始。
・2019 年2月26 日、海兵隊オスプレイMV-22 1機目 試験飛行(ホバリング)開始。
・2019 年3月1日、海兵隊オスプレイMV-22 1機目 試験飛行終了。3月5日帰投。
・2019 年3月25 日以降、海兵隊オスプレイMV-22 3機目が飛来、定期整備が開始。
・2020 年3月19 日、海兵隊オスプレイMV-22 4機目が飛来し、同月27日から定期機体
整備が開始され、現在、格納庫内で分解・点検等が行われている。
・2020 年3月24 日、海兵隊オスプレイMV-22 2機目 試験飛行開始。
・2020 年3月27 日、海兵隊オスプレイMV-22 2機目 整備完了。3 月29 日帰投。
・2020 年7月10 日、陸自オスプレイV-22 1機目が「暫定配備」された。11月10日に初の場外飛行訓練が行われると通知されたが、計画より2時間遅れで飛行が開始された。が、直ちに「警告表示」の点灯で飛行が中止された。4か月間「万全の点検を行い臨んだ」という初飛行が中止に終わった。
・2020 年7月16 日、陸自オスプレイV-22 2機目が「暫定配備」された。
・2021 年1月7日、海兵隊オスプレイMV-22 5機目が飛来し、同月11日から整備が開始され、 これまでの機体と同様まずは格納庫内で分解・点検が行われている。
・2021 年1月22日、海兵隊オスプレイMV-22 3機目が整備企業から米軍に機体が引き渡され、同機は25日、帰投。
・2021 年2月24 日、陸自オスプレイV-22 3機目が「暫定配備」された。
・2021 年 3 月5 日、陸自オスプレイV-22 については、「3月8日(月曜)以降、現在実施中の機能確認試験と並行して、操縦士等の教育訓練に係る飛行を開始する予定ですので、お知らせいたします」。とある。
・2021 年3月23 日、陸自オスプレイV-22 4機目が「暫定配備」された。
・2021 年4月6日、陸自オスプレイV-22 5機目が「暫定配備」された。

※木更津基地関連の予算

*総務省予算 14,664,1 千円+2,035,9 千円=1 億6,700,0 千円(固定資産分)
*防衛省予算 環境法8条関係(2 億 1 千万円)の明細確認
※2008 年 1 月の岩国市長選で「受け入れ反対」を表明した現職の井原勝介氏は防衛省
から年間 35 億円にのぼる市庁舎建設費の補助金を止められ、国と協議すると訴えた新人の福田良彦氏に敗れた。(半田論文)
*一般会計 4,200 万円(周辺地域へ5年間の2年目)(基地対策)
プライベートジェット乗り入れについて予算化(700 万円)
・以下議会から
2棟―66億円(格納庫―48億円・敷地造成工事―18億円)
1棟―米軍オスプレイ専用 最大5機、現在使用中2機=最大7機の整備対応
1棟―陸自オスプレイ定期機体整備に使用 最大3機格納を想定
2024 年から運用予定としている。

陸自オスプレイ4機目配備  木更津駐屯地に到着 オスプレイいらない!4・10木更津行動へ

木更津駅前リレートーク→陸自駐屯地へのデモと申し入れ行動
4月10日(土)13時 木更津駅西口集合
14時30分 デモ出発 駐屯地申し入れ行動後吾妻公園にて解散

昨年7月10日、木更津津駐屯地に2機が飛来し、「暫定5年」がスタートしました。 2月24日に3機目につづいて、3月23日に4機目が飛来し、残りも順次「暫定配備」される予定です。

オスプレイ佐賀配備地、買収額提示 総額14億円
2021/3/25 6:00金子 晋輔 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/712437/
記者の目 毎日新聞3・25
オスプレイ佐賀空港配備計画 漁業者と真摯に向き合って=池田美欧(佐賀支局)https://mainichi.jp/articles/20210325/ddm/005/070/012000c
空港に隣接する配備予定地を所有する地元漁協などから反対の声が強く、土地の買収ができずに足踏み状態が続いている。「諫干(国営諫早湾干拓事業)の二の舞いにはなりたくない」。現地で取材をしていると漁業者からはそんな声が度々聞こえてくる。

陸自オスプレイ4機目暫定配備 木更津駐屯地に到着 3/24 0:18(共同通信)https://www.saga-s.co.jp/articles/-/649742?fbclid=IwAR26eFxggUHZ2r9lutbfrSwx4d20qeR0LfevxiCWnNKFFPryGUV8T4YiIH0

オスプレイいらない!4・10木更津行動へ

木更津駅前リレートーク→陸自駐屯地へのデモと申し入れ行動
4月10日(土)13時 木更津駅西口集合
14時30分 デモ出発 駐屯地申し入れ行動後吾妻公園にて解散

昨年7月10日、木更津津駐屯地に2機が飛来し、「暫定5年」がスタートしました。 2月24日に3機目が飛来し、残りも順次「暫定配備」される予定です。

3年後は50機の巨大整備基地に

木更津駐屯地は在日米軍と自衛隊のオスプレイの整備基地でもあります。3年後は50機のオスプレイの巨大整備基地になる計画です。木更津市の上空は、危険極まりないオスプレイがひっきりなしに飛び交うことになります。

コロナ禍にあって米中対立は急速に激しさを増しています。南西諸島をめぐって陸自オスプレイの位置はますます高まっています。これは「いつか来た道」、木更津市が「軍都復活」の街になるということを示しています。
風雲急を告げる木更津行動への参加をお願いします。

呼びかけ  動労千葉を支援する会・木更津 都築  090-5401-9503
改憲・戦争阻止!大行進千葉 DC会館 043‐202-7820

410街宣用ビラ

 

オスプレイいらない! 4月10日行動in木更津へ 参加のお願い 

★駅前リレートーク→木更津駐屯地へのデモと駐屯地申し入れ行動

陸自オスプレイの3機目が2月24日に陸上自衛隊木更津駐屯地に飛来しました。3月上旬の予定が前倒しされました。残りも順次「暫定配備」される予定です。

昨年7月10日、木更津津駐屯地に2機が飛来し、「暫定5年」がスタートしました。しかしその内の1機が11月10日、ホバリング中に警告灯が点灯し「試験飛行」は中止されました。現在「点検・整備」中です。原因は「潤滑油の汚濁」と言います。陸自オスプレイは21年度中に17機配備されようとしています。「汚濁」の原因が明らかにされないまま「暫定配備」が強行されることは許されません。

木更津駐屯地では、沖縄の米海兵隊オスプレイが常時2機、定期整備されています。さる1月25日3機目が、定期整備を終えて普天間基地に帰投しました。1年10カ月を要しました(1機目は2年2カ月)。米軍は常時7機を整備できるようにしようとしています。そのために新たに2機の格納庫を86億円かけて新設しようとしています。米海軍オスプレイCMV-22と米空軍横田基地には空軍オスプレイⅭⅤ-22の整備ももくろまれています。陸自オスプレイ17機を考えると木更津市の上空は、危険極まりないオスプレイがひっきりなしに飛び交うことになります。これは「いつか来た道」、木更津市が「軍都復活」の街になるということを示しています。

コロナ禍にあって米中対立は急速に激しさを増しています。南西諸島をめぐって陸自オスプレイの位置はますます高まっています。
私たちは、「オスプレイいらない」を合言葉に毎月10日、木更津駅や千葉駅等で街頭宣伝を行ってきました。4月10日、規模を拡大して木更津駐屯地に対する抗議行動を計画しました。地元自治会・漁協のみなさんにもオスプレイ「暫定配備」に反対している人は少なくありません。風雲急を告げる木更津行動への参加をお願いします。

〇4月10日(土)13時 JR木更津駅西口集合
〇駅前リレートーク  14時30分 デモ出発
―木更津駐屯地申し入れ行動後吾妻公園にて解散

呼びかけ  動労千葉を支援する会・木更津 都築  090-5401-9503
改憲・戦争阻止!大行進千葉 DC会館 043‐202-7820

4月10日のオスプレイいらない! 木更津現地集会・デモに参加を

 昨年7月10日に陸自オスプレイが「暫定配備」されてから、半年が経過しました。
11月、オスプレイの1機が「試験飛行」に向かう際、ホバリング中に「警告灯」が点灯したため、「試験飛行」は中止になりました。「潤滑油の汚濁」が原因という。米国から購入して2年余りで「点灯」、一体いかなる代物か。「暫定5年」をまともに受けとめている人はいません。地元の漁協や自治会でオスプレイ配備に反対している人は少なくありません。
大行進千葉は、毎月第3土曜日の昼、千葉駅で街宣を行っています。そして毎月10日を「10日行動」として木更津、千葉等で街宣を行っています。オスプレイ街宣ビラ④

「改憲・戦争阻止大行進・千葉」が今回、各地での反対活動・運動をしている諸組織・個人等に呼びかけて、4月10日に木更津現地で集会・デモを予定しています。
多くのみなさんが、この日、木更津現地に結集されるよう呼びかけます。

 

スガたおせ!いのち守れ!3.21大行進 日比谷公園で集会とデモ

PDF版ダウンロード

辺野古埋め立てヤメロ!敵基地攻撃・軍拡反対!

労働者民衆の命を犠牲にして
改憲・戦争に向かう菅政権打倒!


 補償のない緊急事態宣言の延長によって多くの人が苦しんでいます。 その中で医療労働者や保健所の労働者は命を削って働いています。 ところが与党の国会議員は深夜まで高級クラブで飲食し、 罰則を盛り込んだコロナ関連法を強行しました。 しかも菅首相は 「最後は生活保護がある」 とまで言いました。 収入がなくなっても我慢しろ、 死ぬなら死ね、 ということか!
救える命さえ救えなくなっている状況なのに、 政府はいまだに東京オリンピックを強行する気です。 しかも医療従事者をボランティアで1万人動員すると! 本当に許せません。 五輪も GoTo も中止し、 そのすべてを医療と補償に回すべきです。

さらに許せないのは、 人々の命を犠牲にして改憲 ・ 戦争国家化を押し進めようとしていることです。 2021 年度予算には巡航ミサイル購入や空母保有など 「敵基地攻撃力」 を持つ大軍拡予算が組まれています。 また、改憲のための国民投票法 「改正」 案、 住民総背番号制を完成させるデジタル関連法案、 外国人への厳罰化を意図した入管法の大改悪も策動しています。
地元紙の取材によって、 自衛隊を辺野古に常駐させる極秘合意が暴かれました。 政府は否定していますが、 自衛隊幹部は 「将来、 辺野古は実質的に陸自の基地になる」と本音を隠しません。 沖縄と連帯して、 辺野古新基地建設を絶対に阻止しましょう。

時代は大きく動き出しています。 「命よりカネ」 の新自由主義はもうたくさんだ、 資本主義の時代はもう終わりだという声が世界中で上がり、 医療労働者を先頭にストライキや大規模デモが闘われています。
私たちも、 職場から労働運動をよみがえらせ、 労働者 ・ 学生 ・ 市民の力で戦争への道を止め、 この国の政府と社会を変えたいと思います。 ぜひ一緒に行動しましょう。
3.21 日比谷へ!

百万人署名運動千葉 http://mayday.sub.jp/hyakuman-chiba/
改憲・戦争阻止!大行進 実行委員会 http://stop-kaiken.blog.jp/
大行進関西(http://blog.livedoor.jp/daikoshin_kansai/)、
大行進神奈川(https://danketsu18.at.webry.info/)、

オスプレイが首都圏の空を舞う日が近づいている件<令和の歴史教科書> 2021.01.19 ぼうごなつこ

コロナ禍のどさくさで進む計画

3600億円で買わされたオスプレイ木更津

◆「未亡人製造機」の異名を持つ兵器

オスプレイ首都圏を舞う日が近づいている

※参照:木更津駐屯地 オスプレイ2機目が試験飛行防衛省の交付金、木更津市で倍増…オスプレイ暫定配備で見返りか 基地依存の高まりに懸念|ともに東京新聞

<まんが/ぼうごなつこ>

オスプレイ 事故調査めぐる重要証言

10年前の動画ですが、オスプレイが沖縄普天間基地配備される時、オスプレイは欠陥機で非常に危険だと反対の声が強かった。
そして、いま日本の自衛隊がこの欠陥機を17機も購入し木更津基地に配備した。
当時の、10年前の報道特集を今一度見ることをおすすめする。

スプレイ配備の是非を揺るがしかねない重大証言

陸自オスプレイ配備 九州地方の代替施設選定へ(2021年1月6日)

防衛省は、陸上自衛隊のオスプレイの佐賀空港への配備計画が難航していることを受け、今月中に代替候補地の検討に入ることで最終調整をしていることが分かりました。

オスプレイ暫定配備で見返り 交付金が本年度1億円増額 2億円超に 10年で4倍以上に「お金をもらったんだから文句を言わせない」

防衛省の交付金、木更津市で倍増…オスプレイ暫定配備で見返りか 基地依存の高まりに懸念

東京新聞 12月3日

陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に今年7月、陸自の垂直離着陸輸送機V22オスプレイが暫定配備されたことに関連し同市は2日、防衛関連施設の立地自治体に対して防衛省から支払われる交付金が本年度1億円増額され、前年度から倍増する見通しとなったことを明らかにした。配備への見返りとみられるが、識者からは「交付金の増額で依存度が高まる」との懸念が示されている。(山田雄一郎、太田理英子)
陸上自衛隊木更津駐屯地から飛び立ち、初の場外飛行を行った輸送機オスプレイ=11月20日、東京湾上空で(本社ヘリ「おおづる」から)

陸上自衛隊木更津駐屯地から飛び立ち、初の場外飛行を行った輸送機オスプレイ=11月20日、東京湾上空で(本社ヘリ「おおづる」から)

◆20年度は2億円超 10年で4倍以上に

 木更津駐屯地は2017年2月から米軍普天間基地所属(沖縄県宜野湾ぎのわん市)のオスプレイの定期機体整備を行っており、交付金も同時期から増加が目立つ。11年度は4996万円だった交付額は、10年で4倍以上に膨れ上がった。

今回増額されるのは「特定防衛施設周辺整備調整交付金」。2日の市議会定例会で、渡辺芳邦市長が一般質問で明らかにした。

 市によると、防衛施設の面積や運用の態様などを基に算出され、交付される。市の本年度当初予算には前年度と同程度の1億1000万円が計上されていたが、今年10月の防衛省からの2次内示で大幅に増額されて計2億1066万円となった。同省北関東防衛局(さいたま市)は今回の増額について「運用上の変化などが影響したと考えて差し支えない」と説明している。
 市の担当者は「騒音など周辺住民の負担感を解消するための振興策としてとらえている。来年度以降も同水準の額が交付されると思う」と見通す。

 交付金は交通・通信施設やレクリエーション施設、防災事業など幅広い分野に充てられる。市は、市営陸上競技場に隣接する国有地に、野球場とサッカー場を建設するため、防衛省と協議している。

◆「依存進めば抜けられない」

前泊まえどまり博盛・沖縄国際大学教授(基地経済論)の話
交付金は、爆音被害など生活への影響に対する「迷惑料」の意味合いも強い。倍増の裏には、被害や負担増の懸念がある。基地周辺でオスプレイを使った訓練など生活への影響を見越しての追加措置や、地元の反発を封じ込める動きの可能性がある。
 原発立地自治体への交付金のように「お金をもらったんだから文句を言わせない」と一筆を入れるようなもので「説得よりも金」との流れが作られかねない。
 一度交付金をもらうと市の財政や地域経済の基地への依存度が高まり、抜けられなくなるのが基地経済の怖さだ。今後も負担増に合わせて増額される可能性がある。住民は交付金に身を寄せるか、交付金に頼らない地域振興を目指すか、慎重な選択を迫られている。

第1空挺団の降下訓練始め、2021年は一般公開中止というニュースが流れています

「住みたい習志野」より

◇第1空挺団、1月13日・14日に令和3年降下訓練始め行事

ニュース画像 1枚目:訓練降下のイメージ

訓練降下のイメージ

第1空挺団は2021年1月13日(水)と1月14日(木)の2日間、「令和3年降下訓練始め行事」を実施します。この行事は、1年間の降下安全を祈願し、毎年実施しているものです。2021年もアメリカ軍が参加し、降下展示を実施します。

降下訓練始めは習志野駐屯地と隣接する演習場で実施されます。実施部隊は第1空挺団で、陸自の東部方面隊、第1ヘリコプター団、航空自衛隊の航空支援集団、アメリカ空軍の第5空軍第374空輸航空団が航空機で支援します。アメリカ陸軍は在日アメリカ陸軍のおよそ30名です。

習志野演習場の訓練予定によると、1月6日(水)から、航空機、大型ヘリコプター、対戦車ヘリコプターを使用した訓練が予定されています。実施日は1月6日(水)、1月7日(木)、1月8日(金)、1月12日(月)、1月13日(火)、1月14日(水)の6日間、使用する航空機などは同じ内容で、降下訓練は昼夜に渡り実施します。訓練時間は7時から21時の予定です。

この訓練では、空挺団指揮官などによる空挺降下を実施し、日米による自由降下、日米両機からの空挺降下を計画しています。このほか、陸自隊員がヘリからのロープを使用した降下を行うヘリ戦技展示、参加した航空部隊による飛行展示なども行われる予定です。

国内やアメリカ軍基地での新型コロナウィルス感染症の患者の発生も踏まえ、感染症対策を徹底しながら、訓練を実施します。

期日: 2021/01/13 〜 2021/01/14