東京新聞 オスプレイ配備2年 騒音や部品落下に抗議 米軍横田基地前で近隣住民ら反対デモ

オスプレイ配備2年 騒音や部品落下に抗議 米軍横田基地前で近隣住民ら反対デモ

2020年10月2日 07時29分
オスプレイ配備に反対してデモをする地域住民ら=福生市で

オスプレイ配備に反対してデモをする地域住民ら=福生市で

 米軍横田基地(福生市など)に垂直離着陸輸送機オスプレイが正式配備されて二年となった一日、近隣住民らが基地のゲート前で配備反対を訴えるデモを行い、騒音や部品の落下などの事故に抗議した。
 「横田基地の撤去を求める西多摩の会」「第九次横田基地公害訴訟原告団」など市民団体のメンバーや住民ら約二十五人が参加。「オスプレイNO」などと書かれたプラカードを掲げ「静かな空を返せ」と声を上げた。
 横田基地近くの立川市西砂町に住む自営業、中里博文(ひろぶみ)さん(66)は「住宅の真上をオスプレイや輸送機が低空で旋回訓練をしている。大げさでなく、恐怖を感じる」と話す。「仕事をしていてもオスプレイの独特の音が体に響き、手が止まってしまう。日本政府には住民側に立って情報を公開させてほしい」と求めた。
 「西多摩の会」の高橋美枝子代表(78)は「事故が起きてもすぐに戦場のような訓練を繰り返している。住民の安全を考えない姿勢は許せない」と語った。
 横田基地では、今年六月にオスプレイの部品を紛失する事故が起き、七月は米兵が切り離したパラシュートやフィン(足ヒレ)が基地外へ落下している。
 オスプレイは、開発段階から実戦配備後まで墜落事故などのトラブルを繰り返し、安全性に懸念が指摘されている。住民の理解が十分に得られないまま、二〇一八年十月に横田基地に配備された。(竹谷直子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です