7・19 学習講演会を出発点にオスプレイ配備撤回の闘いに入る

7・19 陸自木更津駐屯地への 暫定配備を考える学習講演会

7月10日、垂直離着陸機オスプレイが陸上自衛隊木更津駐屯地に暫定配備された。16日には2機目も配備された。来月8月にも試験飛行するという。

今回の頼和太郎をおよびしての学習講演会では、オスプレイとは何か、その危険性、戦争でどのような役割を果たすのか、暫定配備による市民生活への影響、なぜ今オスプレイ配備なのかなどを詳しく述べられた。

参加者から多くの質問や意見が出され、非常に充実した学習会だった。

今日の学習会を新たな出発点として、大行進千葉の中心的課題としてオスプレイ配備撤回の闘いに入ることが全体で確認された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です