7.6オスプレイ木更津駐屯地配備は絶対認められない!緊急抗議行動

 

陸上自衛隊木更津駐屯地に配備を予定している自衛隊オスプレイ17機の最初の1機が7月6日午後に、そして2機目が10日午後に山口県の米軍岩国基地を飛び立ち木更津に配備されることが明らかになった。
地元木更津市内で粘り強く闘っている「オスプレイ来るな!いらない住民の会」は、県内外の団体や個人に、7.6緊急抗議行動を呼びかけた。

6日正午から約150人の労働者市民が、すさまじい強風と雨のなか、木更津駐屯地前の「内港北公園」に結集し、基地に向かって怒りの声を上げた。基地内では大きなヘリが飛び立っていた。また防衛省市ヶ谷から飛んできたと思われる白いヘリも飛んでいる。
動労千葉、「百万人署名運動千葉」、三里塚現闘など「改憲・戦争阻止大行進千葉」も20人近くが決起した。

学習会に来ていただく頼さん

オスプレイは岩国基地を13時ごろ出発して、15時ごろ到着の予定との案内があり、抗議行動は中止し、14時45分再結集しようと訴えられた。

 

14時45分に住民の会から、「本日、オスプレイは木更津にこない。大雨と強風で岩国基地を飛び立つことが出来ない」との報告が行われた。参加者から「災害救助にも必要だと自衛隊は宣伝していたが、この天候のなかを飛んでくることもできないとは、全く役立たずの機体だ」との声も上がった。

最後に「住民の会」の代表による団結がんばろうで配備撤回の決意を固めた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です