裁判でも宮本市政の異常体質が明らかに(2017.3.15)

「能力不足」を理由に障がい者を解雇した宮本泰介市長への怒りが広がる

裁判でも宮本市政の異常体質が明らかに 

 習志野市の宮本泰介市長が障がい者のAさんを「能力不足」と決めつけて解雇してから1年がたちました。障がい者を「能力不足」で解雇した宮本市長への怒りが広がっています。解雇撤回を求める署名は700筆をこえました。解雇撤回を求める裁判も行われ、次々と宮本市政の異常な体質が明らかになっています。

■「勤務実績報告書を開示しない」と言い続ける宮本市長

 宮本市長は、Aさんを「能力不足」とした唯一の理由として「勤務実績報告書で60点に達しなかった」ことをあげています。しかし、なぜ60点に達しなければ解雇されるのかという点は、まったく明らかにしていません。しかもAさんを採点して勤務実績報告書をつくったのは、Aさんの直属の上司。たった一人の主観的な評価で勤務実績報告書がつくられているのです。また、「勤務実績報告書の各評価項目について、Aさんがそれぞれ何点だったのか」という質問に対して、習志野市側の弁護士は「開示するつもりはない」と裁判で言っています。「勤務実績報告書で能力不足と判断した。しかし、その中身は明らかにしない」という宮本市長。Aさんが解雇されて1年がたつのに、Aさんに開示された勤務実績報告書は墨塗り状態で、いまだに闇の中です(上図は当局が内容を隠している「のり弁」勤務評価:評価の内容も、主観的なものばかり。とても客観的な評価とは言えません)

■足が不自由なAさんに「もっと早く出勤しろ」と「指導」した宮本市政

 しかも、習志野市が裁判で出してきた「Aさんに対する能力不足の証拠」は、本当に驚くものばかりです。Aさんを総務課に異動させた上で、一日中Aさんを監視状態におき、Aさんの一日の動向をチェックしていたのです。「就業時間5分前に着席するように指導したが、3分前に着席した」「ワイシャツがズボンから出ている」「ネクタイがまがっている」「自動販売機に寄りかかってジュースを飲んでいたという報告があった」・・・こうした解雇理由にもならないことが「能力不足」の証拠として裁判に出されているのです。まるでどこかの独裁国家のような異常な監視体制です。必死に解雇理由を探していたようです。

 足が不自由なAさんが就業時間前に出勤しているにもかかわらず、「5分前に出勤しろ」と指導する習志野市。「能力不足の障がい者は解雇して当たり前」と言い放つ宮本市長。

 Aさん解雇事件は、こうした宮本市長のあり方を許すのかどうか、一人一人に問われています。ぜひ、ともに解雇撤回の声をあげてください。

■障がい者雇用率で千葉県最低の習志野市

 本来、自治体こそが障がい者をもっと雇用し、障がい者とともに働き、ともに生きていく社会をつくる責任があります。ところが、習志野市は障がい者雇用率について、千葉県最低。法定雇用率2・3%を守ってきませんでした。厚生労働省千葉労働局から「習志野市はもっと障がい者を雇用するよう」指導が入りました。
 そして習志野市は法定雇用率をクリアするためだけにAさんたち障がい者を雇用した、と公言し、障がい者とともに働く職場環境をつくる姿勢はゼロ。「障がい者だからと言って特別の配慮はしない」と総務部長が言っていることからも明らかです。結局、Aさんは解雇され、Aさんと同じ障がい者枠で採用された職員も退職してしまいました。

 「能力不足の障がい者はいらない」という宮本市長。ここには、人間に対する優しさや愛情、障がい者とともに働き、ともに生きようという姿勢はまったく感じられません。効率や成果ばかりを求め、人間一人一人を大切に扱わない。人間を一方的に「能力不足」などと評価する宮本市長の傲慢(ごうまん)なあり方を許せませんし、「障がい者を能力不足で解雇」という宮本市長がやったことを認めれば、人間にとって大切なことを決定的に失ってしまうと思います。Aさん不当解雇から1年。宮本市長への怒りは深く、広く、着実に広がっています。街頭宣伝では、「自分の身内にも障がい者がいる。この解雇だけは絶対に許せない」と涙を流しながら語る方や、「解雇撤回の署名を地域で集めます」という方などと出会い、解雇撤回の声は大きく広がっています。
 みんなが声をあげること。このことがAさん解雇を撤回させ、人間が大切に扱われる社会をつくりだす一歩です。ぜひ、一緒に声をあげてください。
 3月市議会でも5人の議員から、解雇問題について市長の姿勢をただす質問が相次ぎました。

次回裁判は 4月7日(金)

午後1時30分から千葉地裁601号法廷

※傍聴券配布のため1時15分までに千葉地裁においでください

 習志野市障がい者雇用を求める会(準)

ホームページ http:mayday.sub.jp/n.koyou/ 
新聞記事などがご覧になれます

 (連絡先) 電話 047-429-8335                            メール union5nara@yahoo.co.jp

 

3月7日、8日市議会で市の姿勢ただすも市長反省せず

3月7日市議会を傍聴しました
障がい者を解雇するため習志野市当局が3か月にわたり、異様な「監視・密告」体制をAさんにとっていた事実が明らかに。
解雇は裁量権の乱用、と市の姿勢ただす。

立崎誠一議員(民意と歩む会)
 2015年12月から翌年2月までの3か月間、A さんを解雇するために徹底した監視体制、職員からの密告奨励を行ったことが、市当局が裁判所に提出した「監視記録」で明らかになった。「トイレに行きたいと言い出した。係長が案内し、連れていったが、遅れても急がない」「植木にぶつかり、倒してしまった。」などAさんの足が不自由なことを全く無視している。「自動販売機に寄りかかり購入したジュースを飲んでいた、と報告があった」と総務課全体でAさんのことを密告しろと言っている。「係長が席を外すとあくびをしていた」これも密告。そのほかにも「ネクタイが曲がっている」「8時28分に出勤。それもけしからん」と言っている。3か月後に解雇することを前提に証拠を集め、解雇の理由として使った。こんなことばかりやって職員を一人前に育てられない上司こそ、その資格が問われる。障害者は健常者にはわからない、それぞれの痛みを抱えており、それらを含めて障害者を一人前に育てようという心構えがあってしかるべきだ。相性が悪いやつだ。気に食わない奴だからクビにしてしまえ、こういう姿勢は習志野市の随所に見られる。

谷岡隆議員(日本共産党)
 条件付き採用直後の解雇という、ふつうあり得ないことをやっていながら、習志野市当局は解雇の指針も作っていない。処分の根拠になった上司の書いた勤務実績報告書を本人にも開示しない。本人に弁明の機会も与えず、6か月の条件付き採用が終わる当日に、条件付き3か月延長を伝える。解雇日のわずか1週間前に解雇予告。こんないい加減なやり方で、改善可能性も十分追求せずに解雇したのは、裁量権の乱用であり無効、ということをこれまで主張してきた。解雇予告手当で労働基準法違反の事実も明らかになった。同じような不当解雇事件で45年前に習志野市は裁判で敗訴している。習志野のように「一人の管理職の意見だけで解雇」できる、などという市はほかにない。
 その評価項目も、例えば「勤勉」の項は「極めて不まじめで何の役にもたたない」「不まじめで陰日向があり勝手に席をはなれたり雑談したりする」「普通に仕事をしている」「仕事に努力している」「非常にまじめで常にこつこつ仕事をしている」の5段階で曖昧な表現ばかり。全項目が普通の評価だった場合、全部足してやっと60点を超すくらいだろう。60点に達しないから解雇、というのはおかしい。
(傍聴者からは「与党議員の品のない野次がひどかった。市民として恥ずかしい」との感想)

3月8日市議会も傍聴しました

平川博文議員(都市政策研究会)の「裁判で係争中だから議会では議論するな、と市長は繰り返し言っているが、その法的根拠は何か?」との質問に対し、宮本市長は「習志野市情報公開条例に準じるべき」と答弁するにとどまり、法律上の根拠を示せなかった。
(その後の与党議員の「法廷に公開されている資料だからといって発表することは、原告のためではない」との発言に、傍聴者からは「裁判で明らかにされている事実すら市民に知らせない、という秘密主義はおかしい。原告に対して圧力をかけるような発言もつつしむべきだ」との感想)

習志野市の職員解雇問題、市の姿勢ただす(2018/3/8報道)

習志野の職員解雇問題、市の姿勢ただす 

習志野市が障害者伜で採用した男性(29)を試用期間終了と同時に解雇した問題が、7日の同市議会一般質問で取り上げられた。本人に未公開の勤務実績報告書や、職務遂行能力の指導不足などが指摘され 「解雇は裁量権の乱用だ」として市の姿勢をただした。 
 立崎誠一(民意と歩む会)、谷岡隆(共産党)両議員が質問した。谷岡氏は「他市と比べても評価基準があいまいで、改善可能性の追求や解雇回避義務努力が不十分だ」と追及した。
 宮本泰介市長は「法令に基づいており、権限を乱用していない。勤務評価も他市と比べても遜色なく適正にしている。研修、指導などにより改善可能性も考慮している」と述べた。

 

 

 

3月2日習志野市議会傍聴してビックリ

習志野市の解雇手続きはアウトですよ、と国が言っているのに…
日本語がわからない?習志野市幹部

「解雇予告手当はAさんの解雇日(2月29日)までに支払わなければならない。3月18日に支払っているから、解雇手続きに瑕疵(かし)があり、解雇は無効」という宮内一夫議員(新社会党・無所属の会)の追及に対し、宮本泰介習志野市長は
「総務省から①本市退職条例は適法である②昭和23年3月17日付通達で、解雇予告手当の支払いは解雇日と同一である必要がある③福岡地裁の判断については、総務省の見解はない、との回答があり、顧問弁護士と相談して内容を法律的に精査している」と答弁し、総務部長も、条例は適法であると国は言っているが、その法令的な解釈に疑問点があるので、顧問弁護士と相談して内容を法律的に精査している、と答弁しました。

国(総務省)は、「習志野市の退職条例と労働基準法の両方に違反しないようにするためには解雇日(2月29日)までに解雇予告手当を支払わなければいけなかったのに、それをやらなかったから習志野市はアウトですよ。習志野市がそれに違反して3月18日に遅れて支給したことを正当化するために持ち出した福岡地裁の判決は、習志野市のケースと関係ありませんよ」と言っているのに、習志野市長も総務部長もそれが理解できないようだ。いくら顧問弁護士と相談してもアウトはアウト。日本語が理解できない?市の幹部。習志野だいじょうぶ?

市長が叫べば道理がひっこむ?

続いて央(なかば)重則議員(環境みらい)が、Aさんを解雇に追い込むために総務課で3か月間アラ探しをしていた事実を明らかにしようとしましたが…

央議員が「Aさんへの評価の中身は答えられない、と当局がずっと言ってきたが、裁判でようやく当局側の証拠を出してきた。そのうち実習日誌というのがあるが、本人に指導した内容に上司の決裁印を押した正式書類ではなく、本人のアラ探しを赤ペンや青ペンで細かく書き込み、決裁印もない実習日誌を証拠として出してきた。それを清書してまとめた一覧表も証拠としてだしているが、6カ月務めた介護保険課の分は少ないのに、3カ月いた総務課はその倍以上ある。」と発言したところ…

市長が「係争中のことについて議会で話さないよう」猛抗議(正式答弁ではなく、自席から発言)して議場は混乱、議事中断。議長と央議員が協議

休憩後、央議員が「今後のために事実をあきらかにしようとしただけ。能力不足、と1枚の紙で解雇になったが、当局側の証拠を見ると、例えば『5分前に来なかった(といって遅刻したわけではない)『トイレに行って出てくるのが遅い『足が悪いという本人の身体的な特徴もあって作業場に急がなかった『だらしなかった、という、見た目、そういうことのチェックがどうして能力不足に当たるのか疑問に思ったから質問した。裁判所の判決が出るまでこのことを伏せるわけにはいかない。議員の義務として。習志野市で起こった事件ですから。事実を伝えたかったが…能力不足、という判断に疑問を持っている。書類ののり弁状態も含めて。これ止めたの、市長だからね。あなたが私に言ったから議長も混乱してこういう話になった。」と発言。

央議員は議員の本分を貫くため当局の姿勢を正したが、当局は「係争中だから」と一切の回答を拒否しました。

市長が野次をとばせば議事も中断し、自由な発言もできなくなる。こんな議会でいいんでしょうか?習志野市、一体どこへ行く? (3月2日市議会傍聴者)

 

 

 

 

 

総務省見解は「指導でない」と習志野市(2017/3/2報道)

総務省見解は「指導でない」
習志野市、職員解雇手当巡り
   習志野市が障害者枠で採用した同市の男性(29)の解雇予告手当を解雇後に支払ったことについて、総務省が「労働基準法と市条例の双方を適用させるには、解雇日と同じ日に支払う必要がある」との見解を市に伝えたことに対し、市は「総務省の意見であり、瑕疵があるとの指導ではない」との考えを示した。

  1日の市議会一般質問で宮内一夫市議(新社会党・無所属の会)の質問に市側が答えた。市退職条例では、解雇予告手当は退職金に含んで支給することとし、退職から1カ月以内とされている。市は「総務省が適法と認めた市退職条例に基づく手続きであり、問題ない」とした。

  男性は、試用期間の終了と同時に解雇されたのは不当として、市に解雇の取り消しなどを求めて提訴している。この日は央重則市議(環境みらい)が市の訴訟対応について質問したが、市側は「係争中のため答弁できない」とした。

 

3月習志野市議会傍聴をお願いします

 2月17日の解雇撤回裁判第2回口頭弁論で、解雇の口実を見つけるため習志野市当局が3か月間Aさんを「クビきり部屋」に異動させ、一日中監視し、職員にも密告を奨励していたことが明らかになりました。「5分前に出勤するように指示したのに3分前に出勤した」「ネクタイがまがっていた」「職場の自動販売機に寄りかかってジュースを飲んでいた」「上司に反抗した」など、愚にもつかないことを解雇原因としてあげ、しかも「評価60点未満だから解雇した」という当局の主張について「60点未満解雇」の法的根拠も示せ ず、解雇の根拠とされる上司の「勤務実績報告」についても墨塗りのままで開示しない、という答弁を被告習志野市側の弁護士が行ったため、裁判長ですら「それでは解雇が正当かどうか確認できないですね」と指摘しました。 “3月習志野市議会傍聴をお願いします”の続きを読む

第2回裁判で、「クビきり部屋」の実態が明らかに

宮本泰介習志野市長は障がい者不当解雇撤回を!
上司の評価が60点より下だから、とAさんを解雇!
でも「60点解雇基準の根拠は?」「評価の内容は?」に答えられない習志野市
 習志野市が不当解雇した障がい者Aさんの解雇撤回を求める2回目の裁判が2月17日、千葉地方裁判所で行われました。障がい者枠で習志野市に正式採用されたAさんを、習志野市の宮本泰介市長はたった9ヶ月間働かせただけで「能力不足」と決めつけ、昨年2月末に解雇してしまいました。裁判の焦点は、解雇した理由とされる「能力不足」の中身でした。習志野市は、Aさんへの上司の評価が60点に達しなかったことが解雇の理由だと言っています。(上司の気分で解雇?)しかしそんな解雇基準がどこにあるかについて習志野市当局は答えることができず、黒塗りで隠した採点の内訳についても「開示するつもりはない」と居直りました。Aさんを解雇し、未来を奪っておきながら何といういい加減さ!しかも習志野市は、Aさんを一日中監
視し、「ワイシャツがズボンから出ている」rネクタイがまがっている」などの「監視記録」を「能力不足」の証拠として出してきました。
“第2回裁判で、「クビきり部屋」の実態が明らかに”の続きを読む

解雇予告手当「解雇日に支給を」国が見解(2017/2/22報道)

 

解雇予告手当「解雇日に支給を」
習志野市に国が見解
 習志野市が障害者枠で採用した男性(29)を解雇した際、解雇予告手当を解雇後に支払っていた問題で、総務省が「労働基準法と市条
例により、解雇日と同じ日に支払う必要がある」とする見解を、市に伝えていたことがわかった。市はこれまで、「法令、条例に基づいた手続きをしてきた」と繰り返し説明してきた。
 男性は、2015年6月に採田され、試用期間中の16年2月22日、勤務成績不良を理由に、同期間満了の同29日付解雇を言い渡された。
 地方公務員の解雇は、民間企業と同様に労基法の条項が適用される。解雇言い渡しは30日以上前か、解雇まで30日に満たない日数分
の賃金を予告手当として支払う必要がある。支給日は労基法では解雇日まで、市退職手当条例では退職金に含んで支給することにし、退職から1ヵ月以内とされている。
  “解雇予告手当「解雇日に支給を」国が見解(2017/2/22報道)”の続きを読む