習志野市障がい者不当解雇事件裁判取り下げについて

各位様

習志野市の障がい者解雇撤回闘争では大変お世話になりました。
Aさんが裁判を継続することができなくなり、昨年4月以来裁判が中断していましたが、残念ながらAさんが裁判取り下げを裁判所に伝え、5月21日千葉地裁がこれを受理した旨、6月6日の新聞に報道されました。習志野市当局は当初「取り下げを認めない」と言っていました。(裁判を継続すれば、あわよくば請求棄却の判決が出る可能性もある、と考えたのかも知れません)
しかも取り下げの意向を裁判所に伝えたAさんに対し「今後は免職処分について、取消請求、無効確認、損害賠償請求等行わない」という趣旨の誓約書を書くよう強要する、ということまでやってきた、とのことですが、さすがにAさんやご家族もこれには応じなかったようです。市側も裁判がこれ以上長引いて習志野市への批判が更に高まること、裁判で市側が敗訴する可能性があることなどを恐れたせいか、最終的に取り下げを受け入れました。
最後まで障がい者いじめに固執する習志野市のあり方は許しがたいと思います。

習志野市障がい者雇用を求める会(準)としてはすでに2018年3月15日付でAさん自身の問題として裁判の継続が困難と判断し裁判の支援は断念するコメントを掲載していますが、ユニオン習志野とともにその後の推移については見守り続けてまいりました。
皆さんに多くのご支援をいただきながら最終的に残念なお知らせになってしまい、申し訳ありません。

Aさんが明るい未来に向かって力強い新たな一歩を踏み出すよう祈るとともに、今後は再び第2、第3Aさん問題が起きないよう今後とも習志野市行政の異常な体質を広く知っていただき、身近な問題として考えていただいて市のあり方を改めていくことに努め、習志野市政がかかえる様々な問題も提起して行きたいと考えます。
これまでの皆様の暖かいご支援に心より御礼申し上げます。

習志野市障がい者雇用を求める会(準)

※なお、訴訟取り下げを報じた新聞記事は、このホームページの「メニュー」→「新聞報道」に掲載しました。そちらをご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA