千葉県連絡会通信 2006/4月号

県連絡会通信 web版 (2006年4月号より)

署名300万筆を集めて「改憲阻止!」の大うねりを

 改憲反対署名開始の方針決定 とめよう戦争への道!百万人署名運動全国代表者会議

 3月18-19日都内で開かれた「百万人署名」全国活動代表者会議では、改憲を阻止する署名運動となるにはどうすればよいかと、これまでの運動の点検も併せて、熱心な討論が交わされました。
 千葉県連絡会も、皆さんからの実践的な提案を以下のようにまとめて提起しました(順不同)。
 ①初めが肝心。暑名を開始したら早急に10万、20万の署名が集まる形をつくり勢いをつける。
 ②署名を集める仲間をどれだけ増やせるかがカギ。そのため今動ける人が地道に集め続ける。
 ③全国キャラバンや各地区キャラバン行動を取り組む。
 ④署名提出行動(請願)をひんぱんに設定し、署名獲得の目標とする。
 ⑤「全国通信」に、提出行動や各地の署名集めの様子など「報告」を載せ全体に熱気を伝える。
 ⑥街宣や暑名運動についてアンケート調査し、街宣行動が盛り上がる策を考える。
 ⑦ガイドライン署名の時の、賛同人一人50筆運動を復活させる。
 ⑧有事立法署名に応じてくれた組合・団体にお願いする。
 ⑨背丈にあった中小の組織に依頼する。(大組合は反応が悪い)お願いしたら取りに行く。
 ⑩今まで関わった議員や友好団体にもお願いしたり、共同街宣などをよびかける。

 討論の結果、凶暴な小泉「構造改革」の待ったなしの反動情勢と、私たちの運動的力量も見た上で、「当面07年7月参院選までに100万筆の署名を集め、改憲阻止の大運動を起こそう」という、私たち自身の飛躍もかけた一大方針が合意されました。そして、呼びかけ人の岡山のNさんが提案された、憲法9条変える?変えない?の衛頭シール投票を、各地でも4月29日~5月3日に取り組むということになりました。新署名は、今月下旬の「呼びかけ人会議」で具体案を決定し、「5・20全国集会」から、運動が満を持してスタートします。
 

インフォメーション 4月  ~省略~

《活動報告》
☆街宣署名  署名数状況省略~

 新教基法署名 7437筆!
 「3/31提出行動までに7500」に、今一歩の所まで達しました。新賛同の方にも送ってもらいました。ご協力ありがとうございました。しかし、当初の目標3万筆の25%弱という実績です。改憲阻止の風を起こすには、ここを突破しなければなりません。皆さんの提案(表ぺ一ジ)を全部実践して目標を達成しましょう。
 3月の合同街宣の12日は、ものすごい強風でした。あまりのひどさにガード下に避難して続行。後から2人増え4人で、署名を集めたり、共謀罪のリーフを撒いたり、思い思いにおこないました。成果は、教基法署名64筆、イラク署名3筆、ピラまき130枚でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です