千葉県連絡会通信 2006/2月号

県連絡会通信 web版 (2006年2月号より)

ついに習志野からもイククヘ  イラク反戦市民と議員の会などと抗議

 1月下旬、東部方面隊のイラク出兵が始まりました。習志野駐屯地からはあの空挺団が護衛を任務として派遣されました。今やイラクの自衛隊は自分たちの基地を守っているだけともいわれますが、撤退が近いとかえって危険性は高まっているそうです。そこに、空挺団派遣の理由もありそうです。隊員に犠牲が出ないように、隊員がイラクの民衆に銃口を向けることのないように駐屯地前や成田空港近くで出兵阻止を訴えました。一方、再開された通常国会は、メディアの関心も、BSE、偽装建築、ライブドアで、小泉の責任を取りあげているばかりです。イラクや沖縄、共謀罪や教育基本法、憲法改正国民投票法案などの重要問題はほとんど報じられていません。世論をそらす危険な誘導になっていないでしょうか。

全国代表者会議、「改憲阻止」大署名を提案

 以上の情勢のなかで「百万人署名」事務局は、22日、全国の呼びかけ人と組織代表者の会議を開き改憲阻止の大署名に立ち上がる案を提起し、全国での論議を求めました。基本方針は以下の通りです。
 1)9条改憲反対を軸にした署名用紙とする。
 2)300万筆を目標とする。
 3)賛同を5000人に拡大し、全県に連絡会を結成する。
 全国事務局からの「提案」を皆さんに送ります。意見を、お手紙やメールその他でお寄せ下さい。
 全国の意見とぶつかり合わせ、再度議論を重ねてゆくことになります。

 先月の財政確立の呼びかけに、多くの皆さんが応えて下さいました。ほんと有り難うございました。
 しかし、全国財政は依然危機状態を脱しておらず、千葉県も昨年の賛同会員の大幅な削減(一22)をのりこえなければなりません。事務局として、全協力者(団体)の方に呼びかけを始めています。そのためには経費も必要です。すべての皆さんに更新をお願い致します。また、賛同拡大にご協力下さい。年賀状を見直し、私たちの運動に応えてくれそうな人を見つけてください。

インフォメーション 2月   ~省略~

《活動報告》
☆街宣署名    ~省略~

☆ 1・22 STOP!共謀罪 in CH1BA

 改憲阻止の運動をつぶす先制攻撃として、共謀罪という新しい「罪」が作られようとしています。本格化する改憲(=新憲法制定)攻撃を前に、タイムリーな、まさに今求められている学習講演会でした。
 集会の第1部は「05年反戦運動と自衛隊」(TV番組から)と「動労千葉訪韓報告」のビデオ止映と参加者の一人Kさん(動労千葉小岩支部)の報告のお話。訪韓団は、労働法改悪と闘う民主労総の昨秋ソウルの大集会と、グローバリゼーションを推進する環太平洋首脳会談へのプサンでの激しい抗議行動に、国際連帯を掲げ共に闘う立場で訪れた田中委員長以下の動労千葉などの一行。韓国の労働者集会の圧倒的規模と多彩なパフォーマンスは、日本では見られない感動的なものであった。Kさんも自分の感動全部を伝えるには時間が足りなく、残念そうであった。

 続いて小田原紀雄さんが、「越境的組織犯罪の防止」条約批准に向けた国内法の整備ということで持ち出された「共謀罪」について、その世界的背景、国内法としての性格変容、危険性などを、軽妙な冗談を交えながら解説してくださった。刑法の根底概念を覆す実行(既遂・未遂)に関係なく共謀だけで処罰できる、とんでもない法律であり、さらにそれは密告をあおり、スパイ捜査をはびこらせる、まさに「改憲」につなげる「警察国家」のための、とんでもない治安・弾圧法だと批判された。そしてこれに抗する道は、大衆運動の高揚で「無意味化」する以外にない。共謀罪の本質をズバリ暴露されとても勉強になりました。
 

「沖縄戦そして父と故平良那覇市長のこと」

 K.S. 連載(4)終了
 父はガマとよばれる壕の中で・軍属・民問の人々を集め、「俺はこの戦いで死ぬ。しかし、お前たちは出来る限り生きてくれ」といったそうです。それを聞いた職員は、「軍人のくせに何を言うのか、一緒に死んでくれとなぜ言わないのか」と内心大いに不満だったと、そう聞いて私は本当に嬉しかった。「さすがだね、お父ちゃん」と喝采したほどでした。軍人がガマから民間人を追い出したり、自決を強要したりしたという話しを聞いていたからだった。!
平良さんは、上京の度にわが家により、仏前に線番をあげ、沖縄の友人、知人を呼んで四方山話を!
するのが常で、ある時、にこやかな顔で私に向き直り、「Kちやん、おじさんの座右の銘はねエ、憲法九条なんだよ」。私は、人生訓か諺を言うのかと思っていたのでビックリし、瞬時顔を見つめでていました。しばらくして、やはりこのおじさんは「戦のない平和な沖縄」を基本において政治をやってきたからこそ「憲法九条」が座右の銘なんだと悟りました。私は平良さんを思い出すたびに、この夜のおじさんのおだやかな顔が浮かんできます。
 最後に、千葉訴審「小泉首相靖国参拝違憲訴訟」での意見陳述に引用されている、梅原猛さんの痛烈な批判を紹介します。「小泉首相が戦争を二度と起こしてはならないという気持ちで、あの無謀な戦争を始めた東条英機首相が祀られている靖国神社を参拝するのはまったく論理矛盾である。参拝するなら『もう一度米英と戦います』といって参拝するのが、論理的に一貫性を持つ行為であろう…」 (2005.2.1 朝日新聞 「反時代秘話」から)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です