採用基準の根拠「成文化されず」(2017/4/8報道)

採用基準の根拠「成文化されず」
 解雇訴訟で習志野市

 習志野市に障害者枠で採用された同市の男性(29)が、試用期間終了と同時に解雇されたのは不当として、市に解雇取り消しなどを求めた訴訟の第3回口頭弁論が7日、千葉地裁であった。市側は「勤務実績報告書」で60点とする本採用基準点の根拠について、「成文化されていないが、昭和50年代から基準として使われてきた」と述べた。
 前回の口頭弁論で市側は解雇理由について、報告書の採点で「男性は基準の60点に達しなかった」とし、阪本勝裁判長や男性側から具体的な根拠を示すよう求められていた。市側によると、報告書は17項目からなり、各採点の中問点を積み上げると60点になるという。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA