千葉地裁第一回訴訟(2016/12/10報道)

東京新聞2016/12/10 千葉中央版 掲載

「障がい者の雇用差別」
習志野市解雇訴訟 初弁論で男性訴え

習志野市に正規職員で採用され、試用期間終了直前に解雇された障がい者の男性(29)が市に解雇の取り消しなどを求めた訴訟の第一回口頭弁論が九日、千葉地裁であった。男性は意見陳述で「九カ月での解雇は乱暴で、これでは障がい者の差別のない雇用はいつまもでも実現されない」と訴えた。被告の市側は全面的に争う姿勢を示した。
男性は「母の前で解雇予告通知をされ、絶望に陥っていたが、いろいろな人からの励ましで、また市民のために働きたいと思った」とも述べ、職場復帰を強く求めた。
訴状によると、生まれつき左足が不自由な男性は昨年六月、障がい者枠で一般事務職で市に正規雇用された。九カ月の試用期間が終わる直前の今年二月末に解雇された。障がい者という理由での不当解雇だと主張している。
被告側は答弁書で「障がい者であることが理由ではなく、勤務成績不良で正式採用とならなかった」と反論している。
閉廷後、千葉市内で報告集会が開かれ、支援者約八十人が、男性にエールを送った。障がい者団体「『骨格提言』の完全実現を求める大フォーラム実行委員会」の横山晃久委員長(62)は「障がい者差別解消法があるのに、なぜこんな事が起きるのか。泣き寝入りせず闘おう」と話した。(服部利崇)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA