「台湾有事」ー戦争の危機が迫っている!9~11月陸自14万を動員した戦争挑発の大規模演習

 『日米両国は、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す』—この4・16菅・バイデン共同声明に沿い、9月~11月の陸上自衛隊・全部隊14万を動員した戦争挑発の大規模演習が強行されようとしています。

■「台湾有事」ー戦争の危機が迫っている!

菅政権は4月の日米首脳会談で、「台湾有事」を想定した日米安保同盟の強化と「日本の防衛力強化」を明言しました。これは米軍と共同して台湾海峡に軍事介入することも辞さない公言したのです。
こうした中で5月11〜17日、九州の霧島演習場などで日米仏共同訓練が行われました。離島への着上陸と市街地戦闘などを想定したものです。

■9~11月過去最大規模の軍事演習計画

陸上自衛隊は今年9月から11月にかけて、島しょ部での有事などを想定した過去最大規模の演習計画を発表しました。陸自全隊員の約14万人が参加する軍事演習は28年ぶりだそうです。陸自木更津駐屯地 第1ヘリコプター団、そしてオスプレイの出動も不可避です。

■「中国と戦争」ー絶対反対の声を

政府や自衛隊は、「南西諸島防衛のために陸自オスプレイ」と言うが、水陸機動団という軍隊を輸送するということは中国と戦争すると言うことです。絶対に反対しなければなりません。

最近の動き

自民 台湾有事に備え検討を提言“在住日本人の退避方法など” NHK.JP

「自民党の外交部会や外交調査会は中国による台湾への軍事的経済的圧力が苛烈さを増しているとして、政府に対応を求める提言を取りまとめました。
それによりますと中国による台湾への侵攻は日本の安全保障に直結する事態だと指摘し、台湾有事に備えて同盟国と具体的な連携のシミュレーションを行うとともに現地に在住する日本人の退避方法などに万全を期すよう求めています。」

台湾有事は「日本有事」 個別的自衛権で中国に対抗 台湾の「クリミア化」警戒 - 産経ニュース

対中国、「南西シフト」加速 「台湾有事」に防衛省備え

2021年05月01日 時事

中国が台湾に対する軍事的圧力を強め、日本政府は「台湾有事」への備えを迫られている。米軍は南西諸島を含む地域への中距離ミサイル配備を検討しており、日本配備が現実の課題に浮上する可能性も出てきた。防衛省は南西諸島の防衛力を強化する「南西シフト」を急ピッチで推進。こうした流れは、周辺地域での緊張の高まりを受け、さらに加速しそうだ。

「日本最西端」を示す碑の前で取材に応じる岸信夫防衛相(中央)=4月17日、沖縄県与那国町
「日本最西端」を示す碑の前で取材に応じる岸信夫防衛相(中央)=4月17日、沖縄県与那国町

菅義偉首相とバイデン米大統領がワシントンで初めて会談し、台湾問題の平和的解決で一致した4月17日。岸信夫防衛相は沖縄県の陸上自衛隊与那国駐屯地を視察に訪れた。この後、記者団に「与那国に来ると、台湾はすぐ対岸で非常に近い。台湾の平和と安定は、地域そして国際社会の平和と繁栄にも結び付くものだ」と語った。
日本最西端の与那国島から台湾までの距離は約110キロメートル。晴天時には目視できる近さだ。2016年に発足した同駐屯地では、沿岸を監視する隊員ら約160人が任務に当たる。防衛省は同年以降、航空自衛隊第9航空団(那覇市)や、陸自警備隊(沖縄県・宮古島、鹿児島県・奄美大島)などを相次ぎ新設。沖縄県・石垣島でも駐屯地整備が進んでいる。
南西諸島は端から端まで約1200キロメートルと本州に匹敵する範囲に点在するが、沖縄本島を除き、16年まで陸自の拠点がなかった。12年に沖縄県・尖閣諸島が国有化されて以降、中国による周辺海域への侵入が活発化。島しょ防衛の重要性が増し、防衛力の空白地帯を埋める作業が本格化した。
中国は軍事的に台頭するにつれ、台湾との間の緊張を高めてきた。台湾を「核心的利益」と位置付け、他国の「干渉」には敏感に反応。連日のように航空機を台湾の防空識別圏に侵入させている。米インド太平洋軍のデービッドソン司令官は今年3月の議会公聴会で、中国が向こう6年間で台湾に武力侵攻する可能性があると警告した。
日本政府は「台湾で何か起きれば、間違いなく南西諸島にも関わってくる」(防衛省幹部)と危機感を強める。西太平洋地域での米中の軍事バランスは崩れつつある。台湾や日本周辺有事を想定した米軍の紛争シミュレーションで、中国に敗れるケースが常態化しているとされる。
中国に対抗するため、米軍は沖縄からフィリピンを結ぶ「第1列島線」への地上発射型中距離ミサイル網構築を検討している。日本への配備の動きが具体化すれば世論は反発、国論を二分する問題に発展するのは必至だ。制服組の一人は「必要性は分かるが、どこに置くのか」と懐疑的だ。
一方、防衛相経験者は「米国のミサイル配備を受け入れないなら、日本自身が能力を強化しなければならない」と、安全保障戦略の抜本的見直しを訴える。台湾有事が現実味を帯びる中、起こり得る事態を想定した議論が急務となっている。

6月 木更津駐屯地所属のV-22オスプレイが夜間飛行訓練を行う可能性

6月21日(月)~6月25日(金) 6月28日(月)~7月 1日(木) 木更津駐屯地所属のV-22オスプレイが夜間飛行訓練を行う可能性あり。

 

 2013年導入が決定した陸上自衛隊のオスプレイV-22の最初の2機が2020年7月木更津基地に飛来し、11月より試験飛行を開始しています。

オスプレイは、開発段階より墜落を含む事故を頻発させ、多くの犠牲者を出している欠陥機です。今後全17機が「暫定配備」される木更津基地より、千葉県全域での訓練が行われます。米国内では都市部上空の飛行が禁止されているオスプレイが、低周波も含む騒音・振動とともに人口密集地上空も飛行することに、私たち千葉県民は安全性への不安を感じています。

さらに、たび重なる飛来延期で悪天候では飛行ができないことを証明したオスプレイが、政府の説明する「南西諸島防衛」「災害救助」に使えるとは全く思えません。目的の不明な兵器にすでに3600億円超が費やされ、当面20年で維持管理費を含めた総額6739億円もの血税がつぎ込まれることを、納税者である私たちは納得しません。

それに加え、木更津基地では2017年よりスタートした日米オスプレイの定期整備拠点機能が、大幅に強化されようとしています。

私たちは、以下の請願事項を強く求めます。

【請願事項】

1 木更津基地への陸上自衛隊オスプレイ暫定配備を撤回すること。
2 木更津基地での日米オスプレイの整備を中止すること。
3 千葉県内の上空でオスプレイを飛行させないこと。
4 県内の米軍及び自衛隊基地でのオスプレイを使った訓練を行わないこと。
5 日本のどこにもオスプレイの配備・訓練を行わないこと。

5月15日 オスプレイはいらない!千葉駅街宣

改憲・戦争阻止!大行進千葉の千葉駅東口そごう側で、11時から12時、7人でチラシ配りと署名を行いました。

5月18日・19・20日の三日間、横田基地所属の米軍機を用い、自衛隊の落下傘部隊が習志野演習場でパラシュート降下訓練を行うとのリリースが先週11日にありました。

日米仏共同訓練 悪天候でオスプレイ飛行中止に・宮崎県

5/15(土) 12:25MRT宮崎放送

佐賀オスプレイ計画、漁協が防衛省の説明受けないと反発

5月10日 オスプレイはいらない千葉街宣 100万人署名運動

5月10日、16時から千葉市日高屋前交差点で「とめよう戦争への道! 百万人署名運動 千葉連絡会」が6人で街宣活動。

hdr
hdr
hdr

KRY山口放送 5.7
陸自オスプレイ・最後の1機が木更津へ

ことし2月、山口県の米軍岩国基地に陸揚げされた陸上自衛隊の輸送機オスプレイ5機のうち最後の1機が、7日岩国を離れた。 陸上自衛隊は輸送機オスプレイの導入を進めていて、去年は2機、そしてことし2月には5機が米軍岩国基地に陸揚げされた。オスプレイは千葉県の木更津駐屯地が暫定配備先とされていて、これまでに順次、岩国から移動している。7日午前10時半過ぎ、ことし2月に陸揚げされた5機のうち最後の1機が岩国基地を離陸、防衛省によると約2時間後に千葉県の木更津に到着したという。陸上自衛隊はオスプレイを全部で17機導入する計画だが、残り10機を陸揚げする場所や時期については「調整中」としている。また岩国基地では空母艦載機部隊の飛行も活発になっている。部隊は5日から今月15日まで東京の硫黄島で模擬着艦訓練FCLPを行うとされているが、FA18戦闘攻撃機など多くはまだ岩国基地にとどまっている。

 

陸自オスプレイ、夜間飛行を開始 21日以降に 木更津駐屯地

木更津市のホームページには、何時ごろを想定してるのか、どこを飛行するのか、周辺には住宅地もあるのに説明もなし

「地元のご理解を得て」「丁寧に情報提供を行い」と、木更津への配備が決まるまで、防衛省は何度も繰り返した。なんの説明もなく、いきなり「夜間飛行」を実施と通告

東京新聞 2021年4月20日 20時16分
陸上自衛隊木更津駐屯地に初めて暫定配備されたオスプレイ

陸上自衛隊木更津駐屯地に初めて暫定配備されたオスプレイ

 千葉県木更津市は20日、陸上自衛隊木更津駐屯地に暫定配備された垂直離着陸輸送機V22オスプレイが21日以降、夜間飛行を開始すると発表した。日没後、深夜に及ばない時間帯に、駐屯地や東京湾南部の上空を飛ぶとみられる。防衛省北関東防衛局から市に情報提供があった。
 同省はこれまで地元住民らへの説明で、早朝・夜間の飛行訓練は、操縦士の能力を養成した上で「安全や騒音に十分配慮する」としていた。
 木更津駐屯地には現在、陸自オスプレイ6機が暫定配備されている。同省は2021年度末までに計17機の暫定配備を予定している。(山田雄一郎)
木更津市HP https://www.city.kisarazu.lg.jp/shisei/1003952/1004568/1007864.html
令和3年4月21日 ー
陸上自衛隊V-22オスプレイの夜間飛行について、本市より防衛省北関東防衛局に対し、より詳細な情報を確認しましたのでお知らせします。
○以下、確認事項
陸上自衛隊V-22オスプレイの夜間飛行は、4月21日(水曜)以降、開始されますが、まずは、夜間において、機体や搭載装備品の様々な機能・特
性を確認するための機能確認試験の一環として、東京湾南部上空等を飛行する予定であり、今後、夜間の飛行訓練も行う予定であるとのこと。
また、夜間飛行は、日没後に実施する予定であり、一般的に、災害派遣等の各種任務を除き、通常の飛行訓練としては、深夜や明け方の夜間飛行は想定
していないとのことです。

4月16日 6機目 4機目(通算6機目)となる陸上自衛隊V-22オスプレイが木更津駐屯地に到着

4月16日 6機目  16時24分頃、4機目(通算6機目)となる陸上自衛隊V-22オスプレイが木更津駐屯地に到着

オスプレイいらない!4・10木更津行動  駅前集会とデモ、駐屯地申し入れ

4月10日、木更津現地で「オスプレイいらない!4月10日木更津行動」が行われた。
木更津市民や木更津市議の方たちの他、千葉、船橋、習志野、柏、東京、神奈川など、千葉県内外から市民、市民運動の団体、労働組合など130名が参加。

木更津駅前リレートーク

市民ネットの吉澤さんから
➀そもそも木更津が第1案、佐賀は第2案だった。➁戦争の主力となるF35戦闘機のエンジンを運ぶのがオスプレイ。自衛隊の空母を「強襲揚陸艦」(敵地に真っ先に乗り込む突撃部隊)の形に改修し、F35戦闘機とオスプレイを空母に搭載し、完全に日米合同で戦争をやることになる
という重大な「事実」が暴露されました。

     

駅前の集会には、たまたま通りかかった木更津市民が飛び入り参加も。

★陸自駐屯地へデモ出発


木更津陸上自衛隊駐屯地へ申し入れ

◎陸自オスプレイ暫定配備、米軍オスプレイの定期機体整備の動向について

・2017 年1 月31 日、海兵隊オスプレイMV-22 1機目が飛来、定期機体整備が開始。
・2018 年6 月25 日、海兵隊オスプレイMV-22 2 機目が飛来、定期機体整備が開始。
・2019 年2月26 日、海兵隊オスプレイMV-22 1機目 試験飛行(ホバリング)開始。
・2019 年3月1日、海兵隊オスプレイMV-22 1機目 試験飛行終了。3月5日帰投。
・2019 年3月25 日以降、海兵隊オスプレイMV-22 3機目が飛来、定期整備が開始。
・2020 年3月19 日、海兵隊オスプレイMV-22 4機目が飛来し、同月27日から定期機体
整備が開始され、現在、格納庫内で分解・点検等が行われている。
・2020 年3月24 日、海兵隊オスプレイMV-22 2機目 試験飛行開始。
・2020 年3月27 日、海兵隊オスプレイMV-22 2機目 整備完了。3 月29 日帰投。
・2020 年7月10 日、陸自オスプレイV-22 1機目が「暫定配備」された。11月10日に初の場外飛行訓練が行われると通知されたが、計画より2時間遅れで飛行が開始された。が、直ちに「警告表示」の点灯で飛行が中止された。4か月間「万全の点検を行い臨んだ」という初飛行が中止に終わった。
・2020 年7月16 日、陸自オスプレイV-22 2機目が「暫定配備」された。
・2021 年1月7日、海兵隊オスプレイMV-22 5機目が飛来し、同月11日から整備が開始され、 これまでの機体と同様まずは格納庫内で分解・点検が行われている。
・2021 年1月22日、海兵隊オスプレイMV-22 3機目が整備企業から米軍に機体が引き渡され、同機は25日、帰投。
・2021 年2月24 日、陸自オスプレイV-22 3機目が「暫定配備」された。
・2021 年 3 月5 日、陸自オスプレイV-22 については、「3月8日(月曜)以降、現在実施中の機能確認試験と並行して、操縦士等の教育訓練に係る飛行を開始する予定ですので、お知らせいたします」。とある。
・2021 年3月23 日、陸自オスプレイV-22 4機目が「暫定配備」された。
・2021 年4月6日、陸自オスプレイV-22 5機目が「暫定配備」された。

※木更津基地関連の予算

*総務省予算 14,664,1 千円+2,035,9 千円=1 億6,700,0 千円(固定資産分)
*防衛省予算 環境法8条関係(2 億 1 千万円)の明細確認
※2008 年 1 月の岩国市長選で「受け入れ反対」を表明した現職の井原勝介氏は防衛省
から年間 35 億円にのぼる市庁舎建設費の補助金を止められ、国と協議すると訴えた新人の福田良彦氏に敗れた。(半田論文)
*一般会計 4,200 万円(周辺地域へ5年間の2年目)(基地対策)
プライベートジェット乗り入れについて予算化(700 万円)
・以下議会から
2棟―66億円(格納庫―48億円・敷地造成工事―18億円)
1棟―米軍オスプレイ専用 最大5機、現在使用中2機=最大7機の整備対応
1棟―陸自オスプレイ定期機体整備に使用 最大3機格納を想定
2024 年から運用予定としている。

陸自オスプレイ4機目配備  木更津駐屯地に到着 オスプレイいらない!4・10木更津行動へ

木更津駅前リレートーク→陸自駐屯地へのデモと申し入れ行動
4月10日(土)13時 木更津駅西口集合
14時30分 デモ出発 駐屯地申し入れ行動後吾妻公園にて解散

昨年7月10日、木更津津駐屯地に2機が飛来し、「暫定5年」がスタートしました。 2月24日に3機目につづいて、3月23日に4機目が飛来し、残りも順次「暫定配備」される予定です。

オスプレイ佐賀配備地、買収額提示 総額14億円
2021/3/25 6:00金子 晋輔 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/712437/
記者の目 毎日新聞3・25
オスプレイ佐賀空港配備計画 漁業者と真摯に向き合って=池田美欧(佐賀支局)https://mainichi.jp/articles/20210325/ddm/005/070/012000c
空港に隣接する配備予定地を所有する地元漁協などから反対の声が強く、土地の買収ができずに足踏み状態が続いている。「諫干(国営諫早湾干拓事業)の二の舞いにはなりたくない」。現地で取材をしていると漁業者からはそんな声が度々聞こえてくる。

陸自オスプレイ4機目暫定配備 木更津駐屯地に到着 3/24 0:18(共同通信)https://www.saga-s.co.jp/articles/-/649742?fbclid=IwAR26eFxggUHZ2r9lutbfrSwx4d20qeR0LfevxiCWnNKFFPryGUV8T4YiIH0

オスプレイいらない!4・10木更津行動へ

木更津駅前リレートーク→陸自駐屯地へのデモと申し入れ行動
4月10日(土)13時 木更津駅西口集合
14時30分 デモ出発 駐屯地申し入れ行動後吾妻公園にて解散

昨年7月10日、木更津津駐屯地に2機が飛来し、「暫定5年」がスタートしました。 2月24日に3機目が飛来し、残りも順次「暫定配備」される予定です。

3年後は50機の巨大整備基地に

木更津駐屯地は在日米軍と自衛隊のオスプレイの整備基地でもあります。3年後は50機のオスプレイの巨大整備基地になる計画です。木更津市の上空は、危険極まりないオスプレイがひっきりなしに飛び交うことになります。

コロナ禍にあって米中対立は急速に激しさを増しています。南西諸島をめぐって陸自オスプレイの位置はますます高まっています。これは「いつか来た道」、木更津市が「軍都復活」の街になるということを示しています。
風雲急を告げる木更津行動への参加をお願いします。

呼びかけ  動労千葉を支援する会・木更津 都築  090-5401-9503
改憲・戦争阻止!大行進千葉 DC会館 043‐202-7820

410街宣用ビラ

 

オスプレイいらない! 4月10日行動in木更津へ 参加のお願い 

★駅前リレートーク→木更津駐屯地へのデモと駐屯地申し入れ行動

陸自オスプレイの3機目が2月24日に陸上自衛隊木更津駐屯地に飛来しました。3月上旬の予定が前倒しされました。残りも順次「暫定配備」される予定です。

昨年7月10日、木更津津駐屯地に2機が飛来し、「暫定5年」がスタートしました。しかしその内の1機が11月10日、ホバリング中に警告灯が点灯し「試験飛行」は中止されました。現在「点検・整備」中です。原因は「潤滑油の汚濁」と言います。陸自オスプレイは21年度中に17機配備されようとしています。「汚濁」の原因が明らかにされないまま「暫定配備」が強行されることは許されません。

木更津駐屯地では、沖縄の米海兵隊オスプレイが常時2機、定期整備されています。さる1月25日3機目が、定期整備を終えて普天間基地に帰投しました。1年10カ月を要しました(1機目は2年2カ月)。米軍は常時7機を整備できるようにしようとしています。そのために新たに2機の格納庫を86億円かけて新設しようとしています。米海軍オスプレイCMV-22と米空軍横田基地には空軍オスプレイⅭⅤ-22の整備ももくろまれています。陸自オスプレイ17機を考えると木更津市の上空は、危険極まりないオスプレイがひっきりなしに飛び交うことになります。これは「いつか来た道」、木更津市が「軍都復活」の街になるということを示しています。

コロナ禍にあって米中対立は急速に激しさを増しています。南西諸島をめぐって陸自オスプレイの位置はますます高まっています。
私たちは、「オスプレイいらない」を合言葉に毎月10日、木更津駅や千葉駅等で街頭宣伝を行ってきました。4月10日、規模を拡大して木更津駐屯地に対する抗議行動を計画しました。地元自治会・漁協のみなさんにもオスプレイ「暫定配備」に反対している人は少なくありません。風雲急を告げる木更津行動への参加をお願いします。

〇4月10日(土)13時 JR木更津駅西口集合
〇駅前リレートーク  14時30分 デモ出発
―木更津駐屯地申し入れ行動後吾妻公園にて解散

呼びかけ  動労千葉を支援する会・木更津 都築  090-5401-9503
改憲・戦争阻止!大行進千葉 DC会館 043‐202-7820