自衛隊統合演習やめろ! 陸海空自衛隊に米軍も加わり、沖縄を中心に全国で3万人動員の大規模演習。民間港湾も使用! 対中国侵略戦争への総動員体制づくりを許さないぞ!

自衛隊、きょうから大規模演習 全国3万人規模 沖縄県は民間港使用許可

 

防衛省統合幕僚監部は19日、全国各地で3万人規模の自衛隊統合演習(実動演習)を開始する。統合演習としては初めて、沖縄県内の民間港を使用した輸送訓練や、民間地での通信訓練を予定。訓練に先立ち、県は18日までに、自衛隊から出されていた中城湾港と祖納港(与那国町)の使用許可を自衛隊側に出した。県によると、防衛省統合幕僚監部に対し、民港・民間地の使用を必要最小限度にすることなども申し入れた。

祖納港と石垣港間では、海上自衛隊艦艇が人員や車両などを輸送する。中城湾港は民間船が県外から自衛隊部隊や車両約80台を搬入する。祖納港は海上自衛隊から、中城湾港は自衛隊の委託業者から県に申請が出ていた。県は書類に不備がないことや、他の使用業者などとの調整を経て許可した。石垣港も石垣市が自衛隊の使用を許可している。

民間港使用を巡って、石垣市議会野党連絡協議会は抗議声明を発表している。沖縄平和運動センターも19日、那覇市の県民広場で緊急抗議集会を開く。

「宮古島に弾薬不要」陸自搬入を前に抗議集会「ミサイルが守るのは住民ではない」

「島にミサイルはいらない」と怒りの声を上げた。宮古島平和ネットワークの下地博盛共同代表は「明日には弾薬を積んだ車列が市街地を通ることになる。それを見て、こんな量の軍備を本当にこの島に置いていいのか考えてもらいたい」と市民に訴えた。

宮古島の弾薬庫 ミサイルとみられる弾薬搬入 市民50人余が抗議

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211115/k10013347951000.html

「島が戦場になるのでは」不安訴える住民 沖縄でも自衛隊統合演習 市民団体など抗議

2021年11月20日 沖縄タイムズ

「民間港の軍事利用を許すな」。自衛隊の統合演習が沖縄県内でも始まった19日、市民は各地で抗議の声を上げた。訓練で中国など周辺国との軍事的緊張が高まれば、はざまにある島の安全が脅かされる。自衛隊の輸送艇が港に入った石垣島で、住民は「島が戦場になるのでは」と不安を訴えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です