茨城) 陸自オスプレイ百里基地訓練中止を求めて抗議集会

百里基地反対連絡協 オスプレイ訓練の中止求め抗議集会 茨城・小美玉

横断幕を掲げ抗議する「百里基地反対連絡協議会」の会員=小美玉市百里
横断幕を掲げ抗議する「百里基地反対連絡協議会」の会員=小美玉市百里

航空自衛隊百里基地で8月以降にオスプレイの訓練が行われる計画が防衛省から示されたことを受け、茨城平和擁護県民会議など8団体でつくる「百里基地反対連絡協議会」は29日、茨城県小美玉市百里の同基地正門前で抗議集会を開いた。会員約80人が参加し、訓練中止を求める抗議文を同基地に提出した。

集会では各団体が抗議文を読み上げ、オスプレイについて「開発段階から多くの重大事故を起こしている。墜落の危険性が高い飛行訓練実施は許されない」などとして、訓練計画の中止を求めた。メンバーは横断幕を掲げながら「オスプレイいらない」などとシュプレヒコールを上げた。

その後、同協議会は小美玉、鉾田、行方、かすみがうら、茨城の5市町を訪問。訓練中止の声を上げるとともに、関係自治体での協議の場を設け対応を急ぐよう申し入れた。

百里基地でのV22 オスプレイの無法な訓練の中止を求めます

2021年7月29日

防衛大臣 岸 信夫 様
百里基地司令 空将補 石村 尚久 様

自衛隊木更津駐屯地に暫定配備されている特殊作戦用V22オスプレイが、百里基地で本年8月から危険極まりない飛行訓練を行うことが明らかになりました。
自衛隊はV22オスプレイを17機所有するとしています。しかし、政府が配備先に計画している佐賀空港は地元佐賀市や有明漁業等が配備に反対しています。佐賀空港 の地元が反対している最大の理由は、「危険極まりない欠陥機」だからです。訓練等で県民生活に大きな被害が出る恐れがあるからにほかなりません。

そもそもオスプレイは開発段階から30人もの乗組員が死亡する重大事故を起こしています。実践配備の後でも、相次いで墜落等の死亡事故を起こし、死亡者が多発したことから「未亡人製造機」との呼び名が付けられたほどです。それほど事故が多い「欠陥機」だという事です。さらに墜落事故の場合は、機体に使用している放射性物質がばらまかれる危険性も危惧されています。
オスプレイは、ヘリコプターのエンジン停止が発生した場合、翼の回転で着陸の衝撃を弱めるオートローテーション機能が働くのかも含めて、安全性への多くの疑問があります。またヘリモードから飛行機モードへの転換時の事故多発の危険性も指摘されています。
これらの機体の構造上の欠陥はいまだ解決されていませんし、沖縄の米軍基地でのオスプレイ墜落事故も発生しました。

百里基地の周辺住民は、長年戦闘機訓練の爆音被害を受け、事故の危険性と隣り合わせの生活をしてきました。2017 年 10 月に起きた F4 戦闘機の炎上事故や部品落下事故にも不安を感じてきました。
昨年、偵察航空隊の廃止やF4 戦闘機の運用終了などにより、以前より訓練回数の減少による「静けさ」を取り戻しているなかで、今後は、墜落の危険性が高いオスプレイの飛行訓練を百里基地で実施することなどが許されるはずがありません。
私たちは、日米軍事一体化を推し進めるためのⅤ22オスプレイの百里飛来と危険な飛行訓練の実施に反対します。
百里の空にも、日本のどこの空にもオスプレイはいりません。
オスプレイの訓練は即刻中止することを求めます。

【申入れ団体】 百里基地反対連絡協議会
・百里基地反対同盟 梅沢 勝 ・百里訴訟弁護団 谷萩 陽一
・茨城県平和委員会 近藤 輝男 ・茨城平和擁護県民会議代表 鈴木 博久
・農民運動茨城県連合会 ・社会民主党茨城県連合代 表 井坂 章
・日本共産党茨城県委員会委員長 上野 高志 ・新社会党茨城県本部委員長 金子 和雄

「オスプレイの百里基地への飛来と飛行訓練実施に関する申し入れ」(自治体首長宛)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です