陸自オスプレイ、館山・百里・東富士演習場へ訓練飛行

陸自オスプレイ、館山・百里・東富士演習場へ訓練飛行

ニュース画像 1枚目:V-22オスプレイ イメージ (soiwbusさん撮影)

V-22オスプレイ イメージ (soiwbusさん撮影)
  • ニュース画像 2枚目:陸自V-22オスプレイ 機内

陸上自衛隊木更津駐屯地に暫定配備されているV-22オスプレイは、関東地域周辺の基地や演習場へ飛行する計画です。木更津市は2021年7月13日(火)、防衛省から説明を受けたと説明しています。陸自オスプレイは今後、館山航空基地、百里基地、東富士演習場の3施設へ飛行する予定です。

陸自オスプレイは、佐世保市の相浦駐屯地に設置された水陸機動団が素早く対応できる能力を保持するために導入され、輸送航空隊が新編されています。この飛行隊は、V-22オスプレイを17機装備し、主に水陸機動団を迅速に島嶼に輸送する任務にあたります。現在は木更津駐屯地に配備されていますが、本来の配置先は佐賀空港が最適とされており、施設整備が整うまで暫定的に配置されています。

17機配備のうち、2021年5月までに7機を木更津駐屯地に配備。この機体は、隊員が点検・整備を手がけ、運用体制を整えています。現在は、機体や日本独自の仕様の搭載装備品などの機能・特性を確認する試験を実施し、アメリカで養成した操縦士たちの練度を維持する飛行訓練が行われています。飛行は、木更津駐屯地とその場周経路、周辺空域と洋上の飛行を実施してきました。

ニュース画像 1枚目:陸自V-22オスプレイ 機内

陸自V-22オスプレイ 機内

今後、館山航空基地、百里基地、東富士演習場の3施設へ飛行する目的は、要員の教育訓練などのため、陸・海・空の飛行場へ飛行します。国内での操縦士の養成、部隊訓練なども開始します。

安全管理面では、陸自隊員は2016年からアメリカで要員養成を進め、教育訓練による人材育成や練度の維持・向上に努めます。飛行前後の点検・整備の徹底には努めていますが、飛行時には住宅地、病院などの上空を飛行することは避けるなど最大限配慮する方針です。また、駐屯地や演習場でのホバリング訓練は、住宅地から離れた場所で実施する方針です。

各訓練地のうち、館山基地には離着陸訓練、計器進入飛行のため飛行します。これに加え、洋上で教育訓練を実施するため、器材点検などの中継基地として使用する計画です。使用頻度は、月数回程度が見込まれています。

2021年7月17日(土) 茨城新聞

航空自衛隊百里基地の航空観閲式で公開された米軍のオスプレイ=2014年10月26日、小美玉市百里
航空自衛隊百里基地の航空観閲式で公開された米軍のオスプレイ=2014年10月26日、小美玉市百里

陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備されている輸送機V22オスプレイが、茨城県小美玉市の航空自衛隊百里基地に訓練のため飛来するとの説明が、防衛省北関東防衛局から茨城県にあったことが16日、県への取材で分かった。訓練は8月以降に複数回予定しているという。オスプレイは開発段階から事故が相次いだ経緯があり、県は同局の担当者に対し、住民が不安を抱かないよう配慮を求めた。

県生活文化課によると、同局担当者が14日に県庁を訪れ、訓練のため木更津駐屯地から複数のオスプレイが飛来すると報告。8月以降に複数回の訓練を実施すると説明したが、具体的な時期や回数は示されなかった。

県側は県民生活環境部長らが対応し、(1)安全対策に万全を期す(2)周辺住民に不安を与えないことを徹底する-の2点を求めた。

同局は県のほか、百里基地が立地する小美玉市と、周辺自治体の鉾田市、行方市、かすみがうら市、茨城町の計5市町にも概要を説明した。

木更津市も16日、オスプレイが百里基地と静岡県の東富士演習場に飛行し訓練するとの説明を同局から受けたと発表した。千葉県外の施設に飛行するのは初となる。

オスプレイは2014年10月、百里基地で開いた航空観閲式に合わせて茨城県に初飛来。沖縄県の米軍普天間飛行場所属の1機だった。

同機の展示前には、県内4団体が抗議文を同基地に提出し、メンバーが「茨城にオスプレイはいらない」「欠陥機を飛ばすな」などと訴えた。17年10月にも、飛行予定を踏まえ県内11団体が抗議文を提出した。

★オスプレイ
米軍の兵員輸送機として生まれ、飛行機とヘリの両方の特徴を持つ。開発段階から事故が相次ぎ、日本国内でも2016年12月、沖縄県名護市で米軍のMV22が不時着、大破するなど、安全性の確保が課題。防衛省は災害や離島防衛への対応のため導入を決定。佐賀空港(佐賀市)への配備を目指し、陸自木更津駐屯地(千葉県木更津市)に20年7月から暫定配備した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です