6月 木更津駐屯地所属のV-22オスプレイが夜間飛行訓練を行う可能性

6月21日(月)~6月25日(金) 6月28日(月)~7月 1日(木) 木更津駐屯地所属のV-22オスプレイが夜間飛行訓練を行う可能性あり。

 

 2013年導入が決定した陸上自衛隊のオスプレイV-22の最初の2機が2020年7月木更津基地に飛来し、11月より試験飛行を開始しています。

オスプレイは、開発段階より墜落を含む事故を頻発させ、多くの犠牲者を出している欠陥機です。今後全17機が「暫定配備」される木更津基地より、千葉県全域での訓練が行われます。米国内では都市部上空の飛行が禁止されているオスプレイが、低周波も含む騒音・振動とともに人口密集地上空も飛行することに、私たち千葉県民は安全性への不安を感じています。

さらに、たび重なる飛来延期で悪天候では飛行ができないことを証明したオスプレイが、政府の説明する「南西諸島防衛」「災害救助」に使えるとは全く思えません。目的の不明な兵器にすでに3600億円超が費やされ、当面20年で維持管理費を含めた総額6739億円もの血税がつぎ込まれることを、納税者である私たちは納得しません。

それに加え、木更津基地では2017年よりスタートした日米オスプレイの定期整備拠点機能が、大幅に強化されようとしています。

私たちは、以下の請願事項を強く求めます。

【請願事項】

1 木更津基地への陸上自衛隊オスプレイ暫定配備を撤回すること。
2 木更津基地での日米オスプレイの整備を中止すること。
3 千葉県内の上空でオスプレイを飛行させないこと。
4 県内の米軍及び自衛隊基地でのオスプレイを使った訓練を行わないこと。
5 日本のどこにもオスプレイの配備・訓練を行わないこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です