千葉県連絡会通信 2008/2月号

県連絡会通信 web版 (2008年2月号より)

みんなのちからで、右翼による妨害に打ち勝とう!

 街頭署名にぜひお集まり下さい!!
 年明け早々、私たちの街宣署名活動にとって過去に例を見ない,大変な事態が発生しました。
 1月20日(日)の千葉・富士見町での定例街宣活動に右翼の街宣車が“登場”。右翼団体員が街宣車から出てきて直接私たちに詰め寄るなど、内容の悪質さにおいてこれまでの比ではない妨害ぶりでした。
 皆様、彼らに対する答えはただ1つ、戦争反対・平和憲法を変えるな!の確信を持って、毅然とした姿勢で署名街宣を続けることです。
 そのためには、お1人でも多くの方に街宣署名活動に参加していただくことが必要です。私たちがより多く集まることで、彼らを圧倒していく以外にありません。暴力や脅しによって言論・民主主義が圧殺されるようなことを許さず、戦争反対を訴える私たちの権利を断固として確保・確立していきましょう。今月も下記の日程で行います。短時間でも、ビラまきだけでも、ぜひご参加ください!!

◎1月20日の署名街宣リポート◎

 この日は5名での取り組みでした。署名を開始してしばらくしたら、道路を挟んで向こう側に右翼の街宣車が現れ、大音響のマイクで私たちへの攻撃をやりだしました。「おい、そこの動労千葉、中核派、九条の会!」とあらゆるレッテルを貼り、ある特定の個人名を挙げ「○○はいるか?出て来い!」と名指し攻撃までしてきたのです。「中国は民族抑圧を行い、日本にミサイルを向けている。百万署名は抗議しないのか」「パトリオットに反対して、どうやって日本を守るのか」など、慇懃無礼な態度で妨害。
 さらに、普通の格好をした男が私たちのそばに来て無理矢理ビデオカメラを向け、また街宣車から戦闘服の男も1人やって来ました。脅しで私たちの署名活動を破壊しようとしたのでしょうが、そうはいきません。そんな中でも署名してくれる人が何人もいて、勇気の要ることだったと思います。 (T)
 当日の街宣リポートの全文はこちら

9条を変えるな!街宣署名予定
  ~省略~

☆賛同会費納入のお願い☆
 百万人署名運動をつくり、育てている源が皆様からの賛同会費です。しかしながら、最近は賛同会員の減少傾向が続き(県内賛同者は前年同月比○○滅)、特に全国事務局の財政が危機的状況です。賛同期限が切れ、まだ更新されていない方、ぜひ継続会費の納入を。加えて、新規の賛同会員加入のお誘いもいただけたら幸いです。今後のさらなる運動の発展・強化のために、よろしくお願いいたします。
  賛同金(年間) 1口 3000円 ;個人1口,団体2口以上 

9条を変えるな!百万署名 1/27現在
 県到達数 13,086筆(+513) カンパ○○○○○円 
 (「新テロ特措法反対署名」は473筆,根津さん解雇反対署名は159筆です)
①街宣署名 (12/23~1/27)
回数  人数  9条署名 テロ新法署名 根津署名 ビラ配付
計 6回  29人  503筆    54筆   29筆  960枚

②個人・団体より 
●9条署名:1名の方より、10筆 ●テロ新法署名:2名の方より、20筆
●根津さん暑名:6名の方より、53筆 /3団体より、61筆

【事務局より】テロ新法署名ご協力ありがとうございました。引き続き、根津さん署名をどしどしお寄せください。また、《「君が代解雇」をさせない意見広告基金》の振込用紙付きチラシを再度同封しました。希望の大きさの広告に必要な額が未だ不足しているそうです。こちらもご協力をお願いします。

 1月の予定  ~省略~

浦安の市民監視問題・反動姿勢強める市当局

 これまで随時お知らせしてきた、浦安市当局による市民監視問題。市当局は態度を改めるどころか、逆に反動と居直りの姿勢を強めています。昨年10月に行った中止を求める申入れにつき、当局は「参考にさせていただ<」というたった一文の「回答」を私に寄越してきました。さらに12月市議会で、井原めぐみ議員(共産)が街頭活動の権利を認めた「有楽町事件判決」の認識を追及したのに対し副市長は、「市の駅前管理行政とは直接関係ない」と言い放ち、人権上の疑義を指摘されても「適性管理が目的なので人権侵害ではない」の一点張りです。「憲法」も「人権」も「判例」も一切無視、「説明責任」も完全放棄して横暴無法を極める、もはや「異常」というしかない浦安市行政の恐るべき姿です。(M)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です