古代蓮に恋して・・双頭蓮は「よいことが起きる前触れ」

埼玉県行田市  古代蓮の里にて

 

今年も、蓮の花が咲く季節になりました。行田市の「古代蓮の里」に行ってきました。すごく広くて、世界中の蓮が集められているし、古代蓮が広大な池で育てられています。古代蓮は、開花時期が6月中旬から8月上旬で、開花時間が7:00~9:00と、早朝に美しく咲く花なので、ここ2年はタイミングが合わず、2年ぶりの訪問となりました。

双頭蓮(そうとうれん)発見!・・よいことが起きる前触れか!?

写真のブル―の枠の中を、よく見てください。よく見ると、1本の茎に2輪の花がついています。これは「双頭蓮」といって、とても珍しい。公園管理の方に聞いても、この古代蓮の里でも、めったにお目にかかれないそうです。双頭蓮は、古来より「よいことが起きる前触れ」とされています。よきことが起きるように、お願いします!

そして、インスタ用スポットも用意されていました!

インスタ用ハートの穴

蓮の花の命は4日 詳しくは「古代蓮の里」のHPをご覧ください

https://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/karen/hasu.h

投稿者: awinako

最近、写真を撮り始めました。 使用しているカメラは、「canoneoskiss6xi」 カメラ初心者に使いやすいと、勧められて、かつて購入したものです。 ようやくカメラの出番が来た!というところです。 レンズを通して見える日々徒然を伝えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA